「母の日」創設者アンナ・ジェービスと母アンの生涯

「クリスチャントゥデイ」にも、昨年と同様、「母の日」の記事が掲載されました。

 教会で生まれた「母の日」今年で110年 
 創設者アンナ・ジェービスと母アンの生涯

 今日5月13日は「母の日」だ。
 日付は世界でさまざまだが、米国の「母の日」に由来する日本では、
 毎年5月第2日曜日がその日として祝われている。
 今年は「母の日」を祝う最初の礼拝が行われてから110年、
 創始者のアンナ・ジェービスが亡くなってから70年となる。
 米国の母の日は、アンナが1907年5月12日、亡き母アン・ジェービスを偲び、
 母が日曜学校の教師をしていた
 アンドリューズ・メソジスト監督教会(ウェストバージニア州グラフトン)で
 記念の礼拝を行ったのが起源とされている。
 この日はその年の5月第2日曜日で、アンが亡くなってから2年後のことだった。
 翌08年には同教会で、日曜学校の生徒と母親たちが大勢集まり、
 最初の「母の日」が祝われた。
 アンナの積極的な働き掛けもあり、日頃の母の労をいたわり感謝するこの日は、
 14年には米国で、15年にはカナダで公式の記念日として定められた。
 日本では、米国から来日した女性宣教師たちが定着させた。
 日本で初めて「母の日」の行事が行われたのは1913年。
 当時、青山女学院で教えていた
 女性宣教師マイラ・E・ドレーパーが同学院で記念の礼拝を行った。
 その後、元同学院院長のファニー・G・ウィルソンが、
 日本各界の著名人に働き掛け、
 32年に日本で初めて「母の日」の公式行事が行われた。
 アンナの母アンは、南北戦争中に
 敵味方にかかわらず負傷した兵士を助ける活動を行った人物で、
 アン自身も「母の日」の先駆けとなる言葉を用いてきた。
 まず初めに、衛生環境の改善と乳幼児の死亡率を下げるための働きとして、
 1858年に「母の仕事の日クラブ」を組織した。
 当時は多産の家庭が多かったが、
 麻疹や腸チフスなどの病気で亡くなる子も多くいた。
 アン自身もその生涯で13人の子どもを産んだが、
 大人になるまで成長したのはわずか4人だった。
 1861年に南北戦争が始まると、アンがいたバージニア州西部は南北で対立し、
 63年にはウェストバージニア州として独立するなど、激戦地の1つとなった。
 アンは中立を宣言し、南北両軍の負傷者を支援するためにクラブを用いた。
 戦後には「母の友情の日」を作り、
 戦争で傷ついた兵士やその家族たちを癒やすための働きを行った。
 そして1905年、その年の第2日曜日である5月9日に72歳で亡くなった。
 アンナは、母アンを偲ぶとともに、それぞれの家庭が母の日頃の労を覚え、
 純粋に感謝する記念日として、「母の日」の創設に力を入れた。
 1908年にアンドリューズ・メソジスト監督教会で
 最初の「母の日」の礼拝が行われた際、
 アンナ自身はフィラデルフィアでの講演のために参加できなかったが、
 この日の重要性を説く電報を送り、500人近くいた礼拝参加者全員に、
 母が好きだった白いカーネーションを贈った。
 一方でアンナは、この運動が広がるにつれ、「母の日」が次第に商業的、
 政治的に利用されていくことに気付いた。
 特に「母の日」に白いカーネーションの値段を上げる花屋に対しては
 ボイコットを呼び掛け、ニューヨーク市が計画していた
 大規模な「母の日」の記念行事にも反対し、中止させるなどした。
 残念なことに、晩年には
 「母の日」を創設したことを後悔するような言葉も語っていたという。
 アンナ自身は結婚せずに子どももなく、1948年に84歳で天に召されていった。
 「母の日」を創設しつつも、その商業・政治利用に反対することに生涯をささげ、
 現在はペンシルバニア州にある墓地で、母アンと共に眠っている。
 (2018年5月13日「クリスチャントゥデイ」)

「母の日」はやはり、しかも創設の当初から、政治的・商業的利用がされ、
創設に関わったアンナ自身がそれに反対し、抵抗していたとは。
創設したことを後悔していたとは気の毒ですが、今も記念日は残っています。

Tag:女子教育 

「母の日」を日本に広めたファニー弘前女学校長

さて、5月13日は「母の日」でしたが、その由来や流布に関する記事を発見。
昨年の「クリスチャントゥデイ」にも、「母の日」の記事が掲載されました。
http://whiteplum.blog61.fc2.com/blog-entry-4231.html

 女性の地位向上を、「母の日」を日本に広めた
 米国出身・ファニー弘前女学校長

 13日は母の日。米国発祥の母の日を日本に広めたのは、
 弘前女学校(現弘前学院)の第9代校長で、「全国母の会」の会めた
 米国人女性ファニー・グレー・ウィルソン(1868~1957年)だ。
 昭和初期、母の日を通じて
 女性の存在や役割の重要性を啓蒙し続けた功績は今に語り継がれている。
 ファニーについて研究している、弘前市在住で
 弘前学院聖愛高校の元英語教諭柏崎節子さん(79)によると、
 ファニーは米テネシー州アテネ生まれ。
 19歳だった1887(明治20)年、世界旅行の途中、姉のメアリー・エマ・ウィルソン
 (後に第6代弘前女学校長)ら家族と共に初めて来日。
 当初の滞在予定は3カ月だったが、
 宣教師が不足している実情を知って心を揺さぶられ、
 予定を変更して2人で日本に残留。
 ファニーは後に設立されることになる弘前女学校の本校でもある、
 函館の遺愛女学校などで教壇に立った。
 1900(同33)~02年に青山女学院校長を務め、東奥義塾の宣教師と結婚。
 03年に弘前女学校長となり、04年に双子の誕生で辞した後も
 「弘前母の会」を設立して会長となるなど、
 津軽の女性たちの教養を高めるために活躍した。
 26(昭和元)年には、青山女学院時代に発起人として設立に関わった
 「全国母の会」の会長に就任。
 32(同7)年5月8日、東京・日比谷公会堂で、
 わが国で初めて「母の日」大会を開催した。
 ファニーの自伝や、
 青山学院資料センターに残る当日の大会プログラムなどによると、
 当日は土砂降りにもかかわらず3千人以上が集合。
 集会の後、500人が銀座を経由して二重橋まで街頭行進し、
 皇居前で「母の歌」と君が代を歌ったと記録されている。
 ファニーは宮中にも参内し、皇太后、皇后両陛下に花かごなどを贈ったという。
 ファニーはこの日のことを「私たちの仕事の歴史において特別なものであった。
 日本で母の日の行事が公式に認められた
 最初の年であったからである」と書き残している。
 また、ファニーは37(同12)年の母の日には、アメリカ向けのラジオ放送で、
 日本で行われている母の日の行事について15分間にわたり紹介している。
 ファニーは戦中に米国に戻り、再び日本の土を踏むことなく57(同32)年、
 ニューヨーク州コロニーで89歳で死去。
 東京多磨霊園に夫と共に眠っている。
 4月に著書「ウィルソン姉妹」を自費出版した柏崎さんは
 「ファニーはわが国の女性の地位や教養を高めるため貢献した。
 母の日が、無償の愛を与える母親の存在の大きさを思い、
 感謝する一日になれば」と話している。
 (2018年5月13日「東奥日報」)

明治時代にはるばると来日した宣教師たちの薫陶を、つくづく感じます。
宮中にも参内し、皇太后、皇后両陛下に花かごなどを送った、とは少し驚き。
皇太后や皇后は、まさに国の母として行われたのでしょうか。

Tag:女子教育 

羽仁もと子の妹、千葉くら

ネットの波に乗っていて、青森県の女子高が共学化されることを知りました。
女子校、男子校の共学化のニュースは、近年、よく耳にしますが、
青森県内では、2019年度以降、残る女子高は1校のみになってしまうとか。
進学する側にとっては、通学範囲内で選択肢が減るのは残念。

 青森・柴田女子高 少子化による入学者減少で19年度から男女共学化へ

 青森県弘前市の柴田女子高校(森下好宣校長)が2019年度に
 男女共学化する方針を固めたことが、16日までの同校への取材で分かった。
 少子化による入学者減少に伴い、男子生徒の受け入れを決めた。
 2月27日に開かれた学校法人柴田学園(同市)の理事会で共学化を承認した。
 共学となった後も普通科、家政科、情報科の3学科を維持、
 定員(1学年210人)も変更せず現校舎を使用する。
 新たな校名は在校生と教職員へのアンケートなどを経て4月中に決定する。
 今後、県に対し校名・学則変更届けなどの必要な手続きを進める。
 同校は1923(大正12)年に創立した
 弘前和洋裁縫女学校を母体に48年(昭和23)年に開校。
 家庭科教育を特色に発展を遂げてきた。
 しかし少子化により、2000年度に600人台だった生徒数が
 17年度は282人まで減少。
 安定した学校経営に向け、共学化に踏み切った。
 森下校長は「女子(の入学者)だけで学校を維持するのは難しい。
 調理師養成コースの新設などさまざまな手を打ってきたが
 生徒数増加にはつながらなかった。
 残された最後の手段として決断した」と語った。
 県内では05年度の八戸聖ウルスラ学院高校、
 15年度の青森明の星中学・高校など共学化が進んでいる。
 19年度以降、女子高校は千葉学園(八戸市)のみとなる。
 同校は東奥日報紙取材に、
 「生徒数の減少は顕著だが、現時点で共学化の予定はない」とした。
. (2018年3月17日「東奥日報」)

そして、その唯一の女子高となるのが「千葉学園」である点に注目しました。
あれ、どこかで聞いたような、と記憶の糸をたどると、創立者は千葉くら。
この千葉くらは、自由学園を創立した、羽仁もと子の妹なのです。
羽仁もと子は、青森県八戸市の出身なのでした。
現在の千葉幼稚園の園長でいらっしゃる、千葉くらのひ孫の岡本潤子さんは、
自由学園の卒業生でもいらっしゃる、とのこと。
ちなみに、羽仁もと子の没後60年となった2017年から、
八戸市に本社のある、デーリー東北新聞社発行『デーリー東北』にて、
羽仁もと子の生涯について、連載されていましたが、
デーリー東北の社長だったのは、羽仁もと子や千葉くらの兄弟の松岡八郎。
(なお、千葉学園の普通科は共学化され、向陵高等学校として独立。)

余談
3月31日で年度が終わり、4月1日からすぐに新年度が始まる。
当たり前のことではあるけれど、この無限ループがつらい。
降りられないエスカレーターみたい、踊り場がほしい。
大晦日から元日は思わないのに、年度移行は重い。

Tag:女子教育 

『青鞜』の趣意書は楓寮で印刷

さて、森まゆみ『青鞜の冒険』(集英社文庫、2017年)では、
『青鞜』を創刊するまでの作業段階も詳しく書かれていましたが、1点。
その趣意書が日本女子大学校の楓寮の謄写版で印刷されたことを加えたい。
溝部優実子「『青鞜』草創期を支えた日本女子大学校同窓生
ー『家庭週報』にみる〈潜在力〉-」に指摘されていますが、気になることです。
(日本女子大学叢書『『青鞜』と世界の「新しい女」たち』翰林書房、2011年)

 寮といえば、『青鞜』の趣意書を作成するために
 楓寮の謄写版を使用したことは周知の事実で、らいてうは後年、
 次のように追憶している。
  楓寮というのは、つい先ごろまで保持さんが寄宿していた
  女子大構内の寮で、この寮にある謄写版を借りて、
  「青鞜」の趣意書や規約草案を刷ろうというわけでした。
  森田先生との事件で、除名処分を受けている母校のことですから、
  いっしょに行こうという研子さんに
  「私が行ってもいいかしら」というと「かまうものですか。
  みんな平塚さんが見えるというのでたのしみにしている」と、
  楓寮によく行く保持さんがしきりに勧めるので、同行することになりました。
 この述懐は煤煙事件によって桜楓会から除名されたこととは
 無縁の寮の空気を伝えていて興味深い。
 楓寮は一九〇八(明治四一)年二月、
 「在京の会員のために設立」された「自治寮」であった。
 この寮は齊藤令子氏によってその所在地が確認され、
 後述する『家庭週報』の前身である
 『女子大学週報』が刷られた場所でもある。
 在学時だけではなく、卒業後に使用できる潜心寮や桜寮なども
 存在していたことは注目に値することであり、このような自治的な空間が
 同窓生のネットワークに大きな役割を果たしたのではないかと考えられる。
 (溝部優実子「『青鞜』草創期を支えた日本女子大学校同窓生」)

『青鞜』の同人には、日本女子大学校の同窓生が多いのも、
趣意書が構内の楓寮で印刷されたことをはじめ、ネットワークが重要だった。
平塚らいてうは、煤煙事件を非難され、同窓会組織「桜楓会」から除名、
1992年になって、84年ぶりに復権が認められた、とされます。
ただし、「桜楓会」という組織では、除名という処置が不可能だったともされ、
同窓生からのバッシングはあったのでしょうが、正式な除名だったかは不明です。
(齊藤令子「平塚らいてうと桜楓会ー除名問題を中心にー」
日本女子大学平塚らいてう研究会編『らいてうを学ぶなかで』2007年)
しかし、私が重要であると考えるのは、その7年前の明治37(1907)年3月2日、
同窓会の機関紙『家庭週報』の前身である『女子大学週報』の第1号が、
同じく楓寮の謄写版によって印刷された、ということです。

余談
テレビ朝日の昼ドラ「越路吹雪物語」が最終回、ダブルヒロインのリレー。
コーちゃんと八重、コーちゃんと時子。
NHKが朝ドラでやるならば、どちらかといえば、岩谷時子がヒロインだろうか。

Tag:女子教育 

「新制女子大誕生から70年」

さて、今年度の大学入試もそろそろ一段落したところでしょうか。
私は某女子大学の出身ですが、女子大学という場は岐路に立っているのか。

 論点 新制女子大誕生から70年 <オピニオン opinion>

 戦後制定された新教育制度に伴い、
 日本に4年制の女子大が誕生してから来年で70年。
 戦後の女子教育を支え続けてきた女子大だが、近年では
 受験生によるニーズの変化や少子化などによって学生集めが困難になり、
 共学化にかじを切る学校も少なくない。
 これまでの歩みや生き残りを巡る展望、今後の期待について話を聞いた。

 社会進出、手厚いケア魅力 安東由則・武庫川女子大教授

 戦後、旧制の女子専門学校から女子大に移行したケースが相次いだ。
 お茶の水女子と奈良女子の国立大学に先駆けて4年制の設立が許可された
 五つの私立女子大にはキリスト教系の学校が多かった。
 関西から唯一許可された神戸女学院大もそうだ。
 戦後に米国から来日した教育使節団にとって、
 それまでの国内の女子教育は貧相に映ったため、
 「日本にもっと女子教育を根付かせるべきだ」
 との強い意志が影響したのだと思う。
 多くの女子大の草創期は戦前の流れを受けて、文学部や家政学部が多かった。
 つまり、男子とは異なる「女子用の高等教育」だ。
 リベラルアーツ(教養教育)だけに注力する女子大もあったが、
 文学系と家政系の学部を併せもつ大学も増えていった。
 1980年代ごろまでは両学部が中心の時代が続いた。
 結婚すれば退職する女性が大半で、
 結婚前に箔を付けるという意味で進学する女子も多かった。
 しかし、85年に成立した男女雇用機会均等法を契機として
 女性の社会進出が広まると、
 共学に多い社会科学系や理系の学部に目を向ける女子が増えた。
 女子大は学部に偏りがあり、間口が狭かった一方、
 共学は優秀な女子に入学してもらおうと、
 施設を整備するなどして女子学生の獲得に力を入れ始めた。
 90年代後半以降の就職氷河期に入ると、
 女子学生は就職に有利な資格・免許の取得や高い専門性への志向を強めた。
 そのため、看護学部などを新設し、再生した女子大もある。
 昔は教養を学べることを強調していたが、
 現在は「女性も働いて、資格が取れて当たり前」という時代になり、
 保育士など専門職の養成や取得可能な資格をアピールしている。
 オープンキャンパスでは管理栄養士や薬剤師の
 合格率について質問する高校生もいる。
 共学にも通じる話だが、今、女子大は就職率などを使って
 いろいろな宣伝文句をうたわなければ学生を集められない。
 学生の要望に応えるという意味では
 資格取得や就職率の向上は必要な一面だが、
 「どのようなニーズを女性が持っているのか」に目配りしていかなければならない。
 社会に出ると男性に比べて女性の地位は低いのが現状だ。
 女性には出産などのライフイベントも多い。
 キャリア形成や人生の見通しに対して、どのような準備が必要なのか、
 大学サイドが知恵や知識を提供しながら一緒に考えていく。
 手厚いケアは共学より小規模な女子大の方が有利のはず。
 そこをどうアピールできるか。
 女子大は今、存在意義を問われている。
 【聞き手・須藤唯哉】

 強い意志、卒業後に開花 玉岡かおる・作家

 私が神戸女学院大(以下、女学院)に入学したのは1975年。
 親は終戦を経て新生女子大の誕生経過を見ていたので、強い期待を寄せていた。
 同時に「娘は女子大に行かせ、変な虫がつかないうちにお嫁に出す」
 と考えていた最後の世代でもあり、私自身は反発もあった。
 それでも女学院を選んだのはアメリカ人建築家、
 W・メレル・ヴォーリズの建築に魅せられたから。
 現実は「お嬢様の群れ」と思う場面が多く、夢は早々に破れた。
 母校を誇りに思うようになったのは卒業後だ。
 これまで、3人の女学院出身者を小説で描いてきた。
 「天涯の船」の主人公、ミサオのモデルは1期生で、
 実業家・松方幸次郎の妻、九鬼好子。
 「銀のみち一条」の咲耶子は英文学者の岡田美知代。
 「負けんとき」の満喜子は、音楽学部の2期生でヴォーリズと結婚した。
 恥ずかしながら在学中は知らなかった人ばかりだが、導かれるように書いた。
 女学院は、強い意志を持った女性を多く育んでいた。
 どの女子大も、強い使命を持って誕生している。
 良妻賢母を育てる思考が強かった時代も、
 キリスト教や保育など特徴のある教育を実践してきた。
 昨今、学部名などが変わっているが、
 建学の精神の延長線上で時代のニーズに合わせるのは当然だ。
 女子大が現在、共学に比べて苦戦を強いられているのは就職の面が大きい。
 共学の方が先輩とのネットワークが強固。
 私の長女は2006年に女学院を卒業しているが、大変苦労した。
 資格取得をアピールする大学が増えている背景には、
 学生を取り巻く環境が厳しくなり無駄に学生生活を送れないという現実がある。
 その点は理解しているが、まずはリベラルアーツをじっくり学んでこそ、
 国際競争力のある人間を輩出できるのではないか。
 (英語の能力を測る)TOEICが高得点であっても、
 話せる内容を持っていなければ世界で力を発揮できない。
 女子だけの自由な環境で良い学舎で思い出を育み、
 豊かな精神を培ってリベラルアーツを熟学すれば、卒業後にこそ花開く。
 それはどんな場に立たされても生き残る力になる。
 そのための環境は女子大の方が強い。
 だからこそ、頭が柔軟なうちに勉強し本を読み、
 恋をして、学割を存分に活用して映画やお芝居を見てほしい。
 成績優秀な女子は共学に流れる傾向はあるそうだが、
 女子大生は在学時代から起業するなど個性が強い。
 苦労を強いられた娘の周辺を見ても、独立精神旺盛な人がいる。
 世の中に出たら世知辛いことばかり。
 女子大生活の思い出が美しかれ、と祈っている。
 【聞き手・岸桂子】

 少子化・共学化の逆風

 1948年、津田塾▽東京女子▽日本女子▽聖心女子▽神戸女学院の
 5女子大が日本初の4年制女子大として誕生。
 武庫川女子大教育研究所などによると、98年の98校をピークに、
 少子化や共学化などにより減少。
 2016年時点では77校だ。
 現在は、短大がより厳しい現実に直面している。
 短大数は4年制を上回る時代が長く続き、
 90年代前半には600校近くまで増えたが、98年に逆転されると激減し、
 昨年には341校にまで落ち込んだ。
 生き残りを懸けて4年制に転換するだけでなく、立教女学院や
 青山学院女子などのように学生の募集停止を決定した短大もある。
 一方、女子大の学生数は増え続けている。
 60年の2万5634人に対し、15年には18万1932人に増加。
 同じく共学の4年制を含む女子大生は8万2651人(60年)から
 112万7372人(15年)へと大幅に増えた。
 男女別では女子学生が44%を占め、戦後に門戸が開かれた
 女性への高等教育が浸透していることを裏付けている。
 (2017年12月29日「毎日新聞」大阪朝刊)

立教女学院や青山学院女子の短大廃止は、大きなターニングポイントになるか。
進学するなら、短大ではなく4年制をと選択する生徒も増えているはず。
逆に、短大だったら進学してもよい、といった考え、事情の家庭もあるはず。
女子大よりも共学に行きたい、と望む生徒も多いでしょう。
女子大に限らず、創立者に関する研究も進んでいる、流行している印象です。
せめて入学後、自分の学校のルーツを知り、誇りと愛着をもってほしい。
ちなみに、玉岡かをる『負けんとき』には、広岡浅子が登場します。
日本女子大学校の設立に尽力した広岡浅子、今をどう見るでしょうか。

余談
「わろてんか」、藤吉がてんに贈った大事な言葉が「わろてんか隊」になる。
キースは出たり入ったり、それも家族だから可能。
そういえば、伊能が風太に「隼也くんを(跡継ぎに)くれないか」と言った、
冗談だったのだけれど、心に残っている。
川崎の工場で働いている隼也、川崎にも大空襲があった。

Tag:女子教育 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索