2017
10.19

ロシア大会2017

グランプリシリーズがいよいよ開幕、初戦のロシア大会が始まります。
日本からは、羽生結弦、樋口新葉、坂本花織、
須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ組が出場します。
エントリーしていた田中刑事は、右腸腰筋の筋損傷のため、欠場となりました。

 男子シングルSP滑走順(10月20日20:00~)
  01、アンドレイ・ラズキン(ロシア)
  02、モリス・クビテラシビリ(ジョージア)
  03、デニス・テン(カザフスタン)
  04、ナム・グエン(カナダ)
  05、グラント・ホッホスタイン(アメリカ)
  06、ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
  07、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
  08、ドミトリー・アリエフ(ロシア)
  09、ダニエル・サモヒン(イスラエル)
  10、ネイサン・チェン(アメリカ)
  11、ミハイル・コリヤダ(ロシア)
  12、羽生結弦

男子シングルは、初戦から羽生結弦とネイサン・チェンが激突。
羽生結弦は、4回転ルッツに挑戦すると宣言したとか。

 女子シングルSP滑走順(10月21日2:00~)
  01、ワレリヤ・ミハイロワ(ロシア)
  02、アナスタシヤ・ガルスチャン(アルメニア)
  03、ニコル・ショット(ドイツ)
  04、マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
  05、坂本花織
  06、カロリーナ・コストナー(イタリア)
  07、マライア・ベル(アメリカ)
  08、樋口新葉
  09、エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
  10、エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
  11、長洲未来
  12、エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)

明後日の女子シングルには、女王エフゲーニャ・メドベージェワが登場。
ロシアの実力者やカロリーナ・コストナー、長洲未来など、表彰台は劇戦か。
樋口新葉、坂本花織も、ここで結果を残したいところです。
五輪シーズンと思うと、毎年のグランプリシリーズも緊張感がちがいます。

余談
「わろてんか」、やたらと蔵に閉じ込めるのは「あさが来た」を再びの表れ?
「ロミオとジュリエット」と言っても、蔵の窓まで登ってきてくれるのは、
藤吉だけではなくて、風太もだし……と思いましたが、
もう風太とつらいことを「半分こ」する少女時代は終わり、なのかな?
親戚筋というけど、新一の死後、風太はもっと大事にされてもいいような。
あのナレーションは、講談みたいな感じ?
女中のトキの造型がちょっと疑問、もっと緊張感を出せたのではないかな。
お嬢さまたちといっしょに興奮するだけではなく、諭すこともあっていいのでは。
2017
10.08

ジャパンオープン、日本は2位

10月7日のジャパンオープン、結果をまとめておきたいと思います。
日本は2位、欧州チームが優勝しました。

 1、欧州…615.35
 2、日本…614.93
 3、北米…572.95

 女子シングル結果
  1、エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)…152.08
  2、三原舞依…147.83
  3、アリーナ・ザギトワ(ロシア)…145.28
  4、長洲未来(アメリカ)…134.69
  5、本田真凜…133.41
  6、カレン・チェン(アメリカ)…116.32

 男子シングル結果
  1、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)…189.47
  2、ネイサン・チェン(アメリカ)… 178.46
  3、宇野昌磨…175.45
  4、織田信成…158.24
  5、ジェレミー・アボット(アメリカ)…143.48
  6、オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)…128.52

三原舞依が、非公式得点ながら、自身のもつ日本歴代最高得点を更新。
本田真凜も自己ベストを更新しましたが、ミスもあり、シニアの壁を感じたよう。
宇野昌麿は、オープニングセレモニーから元気がなかったかな。
ただ、本田真凜もそうですが、この悔しさが今季のモチベーションにもなる。
今季も、エフゲーニャ・メドベージェワ、ハビエル・エルナンデス、
ネイサン・チェンは強く、平昌五輪においてもライバルになると実感しました。
2017
10.07

カーニバル・オン・アイス2017

ジャパンオープン、日本は2位、優勝は欧州チームでした。
そして、今日はカーニバル・オン・アイスも行われ、後日放送されます。

 木下グループpresents カーニバル・オン・アイス
 2017年10月7日、さいたまスーパーアリーナ
 三原舞依/本田真凜/宇野昌麿/織田信成
 カレン・チャン/長洲未来/ネイサン・チェン/ジェレミー・アボット
 エフゲニア・メドベージェワ/アリーナ・ザギトワ
 ハビエル・フェルナンデス/アレクセイ・ビシェンコ
 鈴木明子/高橋大輔/町田樹/村上佳菜子
 ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ
 村元哉中&クリス・リード/髙橋成美&柴田嶺

さらに豪華なメンバーが集い、シーズン幕開けにふさわしい舞台になります。
五輪をおよそ半年後にひかえる、特別なシーズンですが、
まずは怪我のないように、体調を考えながら、がんばってほしいと思います。
熾烈な代表争い、選ばれてもそうでなくても、成長できますように。

余談
「花子とアン」、スコット先生の手紙を盗んでしまった、はなは、
英語がわからなくて、謝罪の気持ちを伝えることができず、困ってしまう。
英語を勉強することで、退学を免れ、スコット先生にも謝ることができた。
「外国の言葉を知る、ということは、それだけ、多くの心の窓を持つということです」
戦後、花子がラジオで語ったことにそのままつながる。
2017
10.06

ジャパンオープン2017

さて、明日、木下グループカップ・ジャパンオープンが開催されます。
実質的なシーズンの幕開けを告げる、華やかな地域別対抗戦になります。

 木下グループカップ・ジャパンオープン
 2017年10月7日、さいたまスーパーアリーナ
 日本…三原舞依/本田真凜/宇野昌麿/織田信成
 北米…カレン・チャン/長洲未来/ネイサン・チェン/ジェレミー・アボット
 欧州…エフゲニア・メドベージェワ/アリーナ・ザギトワ
         ハビエル・フェルナンデス/アレクセイ・ビシェンコ
 ゲスト…町田樹/ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ

休養を発表したグレイシー・ゴールドに代わり、長洲未来が出場します。
今季、トリプルアクセルにも挑戦している彼女にも大注目です。

余談
「トットちゃん」の守綱さん、リアルの山本くん(憶測と偏見)と相俟って……。
2017
08.27

フレンズ・オン・アイス2017

荒川静香が座長をつとめる、恒例のフレンズ・オン・アイスが開催されました。

 フレンズ・オン・アイス2017
 2017年8月25日~27日、新横浜スケートセンター
 荒川静香/本田武史/髙橋大輔/佐藤有香/鈴木明子/安藤美姫
 村上佳菜子/宇野昌麿/本郷理華
 メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト/イリヤ・クーリック
 シェイリーン・ボーン/イリーナ・スルツカヤ/ジェレミー・アボット
 ステファン・ランビエール/チン・パン&ジャン・トン

五輪シーズンに、あの「トゥーランドット」をFSに選んだ宇野昌麿。
この曲で金メダルを勝ち取った荒川静香を前に滑り、刺激になったはずです。
今夜、BSプレミアムで放送された「氷艶」を堪能しました。
フィギュアスケートと歌舞伎の融合は、新鮮な試み。
現役を引退してからの様々な可能性がひろがっていくのは、すばらしいこと。
back-to-top