宮原4位、坂本6位入賞

平昌五輪、女子シングルを制したのは、15歳のアリーナ・ザギトワ。
15歳の五輪女王は、長野五輪のタラ・リピンスキー以来。
銀メダルには、同じOAR、同門のエフゲニア・メドベデワが入り、
何とFSは同じ156.65点、SPの点差がメダルの色を変えたことになります。
アリーナ・ザギトワは、得点が1.1倍になる後半にジャンプを固める構成。
賛否両論の構成とはいえ、ルール上は問題なく、これをこなせることがすごい。
もし、同じジャンプでも前半にいくつか跳んでいたら、結果はちがった。
「ドン・キホーテ」という、わかりやすい曲調を選び、表現力をカバーしていました。
一方で、エフゲニア・メドベデワは、怪我の影響か、ジャンプが重そうだった。
後半に予定していた連続ジャンプを前半に移さなければ、僅差で勝っていたかも。
終わった後の涙を見ても、相当の重圧を抱えていたと思います。
太田由希奈さんの名言、「銀盤の女王って、やっぱり『銀』なのかな」を思い出す。

 女子シングル結果
  01、アリーナ・ザギトワ(個人資格/ロシア)…239.57
  02、エフゲニア・メドベデワ(個人資格/ロシア)…238.26
  03、ケイトリン・オズモンド(カナダ)…231.02
  04、宮原知子(日本)…222.38
  05、カロリーナ・コストナー(イタリア)…212.44
  06、坂本花織(日本)…209.71
  07、チェ・ダビン(韓国)…199.26
  08、マリア・ソツコワ(個人資格/ロシア)…198.10
  09、ブラディー・テネル(アメリカ)…192.35
  10、長洲未来(アメリカ)…186.54
  11、カレン・チェン(アメリカ)…185.65
  12、エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)…177.12
  13、キム・ハヌル(韓国)…175.71
  14、ニコル・ライチョバ(スロバキア)…175.19
  15、ガブリエル・デールマン(カナダ)…172.46
  16、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)…171.88
  17、カイラニ・クレイン(オーストラリア)…168.61
  18、ニコル・ショット(ドイツ)…168.46
  19、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)…159.92
  20、エミー・ペルトネン(フィンランド)…157.14
  21、アレクシア・パガニーニ(スイス)…156.26
  22、李香凝(中国)…154.43
  23、イベット・トース(ハンガリー)…150.43
  24、イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)…144.18

宮原知子のメダルは、SP3位のケイトリン・オズモンドの出来によるだろう、
と思っていましたが、ミスを最小限にとどめた、ダイナミックでクリーンな演技。
宮原知子は4位、対照的に繊細な表現力な持ち味だと感じます。
坂本花織が6位、今季の勢いそのままに、緊張感の中でも頑張りました。
両者とも、今できることをしっかり出し切った順位なので、後悔はないと思います。
特筆すべきは、4度目の五輪となる31歳、カロリーナ・コストナーの5位という結果。
技術や体力、モチベーションを維持し続けるのは、至難の業。
ひたすらに順位を追い求めるのではなく、とてもいい心持ちのように見えます。
どの競技もそうですが、メダルに手が届かなかった選手、
この大舞台に立てなかった選手の気持ちまで含めて、五輪のドラマです。
そして、4年後の五輪を夢見る、若い選手たちもいます。

Tag:フィギュアスケート 

女子シングルFS滑走順

平昌五輪、明日はいよいよ女子シングルのFSが行われます。

 女子シングルFS滑走順(2月23日10:00~)
  01、アレクシア・パガニーニ(スイス)
  02、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
  03、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
  04、キム・ハヌル(韓国)
  05、李香凝(中国)
  06、イベット・トース(ハンガリー)
  07、エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
  08、エミー・ペルネトン(フィンランド)
  09、カイラニ・クレイン(オーストラリア)
  10、ニコル・ショット(ドイツ)
  11、ニコル・ライチョバ(スロバキア)
  12、イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)
  13、マリア・ソツコワ(個人資格/ロシア)
  14、カレン・チェン(アメリカ)
  15、ブラディー・テネル(アメリカ)
  16、ガブリエル・デールマン(カナダ)
  17、チェ・ダビン(韓国)
  18、長洲未来(アメリカ)
  19、宮原知子(日本)
  20、カロリーナ・コストナー(イタリア)
  21、坂本花織(日本)
  22、アリーナ・ザキトワ(個人資格/ロシア)
  23、ケイトリン・オズモンド(カナダ)
  24、エフゲニア・メドベデワ(個人資格/ロシア)

宮原知子は最終グループの最初、ほかの選手の演技を気にしないでいい順番。
坂本花織も3番目、彼女らしい、伸びやかな演技を期待します。
上位の出来次第で、点差を考えても、2人にもメダルの可能性が残っています。
暫定トップ3が、最後に滑るのはドラマチックな展開になりまそうです。
日本勢としては、現在3位のケイトリン・オズモンドの出来が気になるところ。
同門のアリーナ・ザキトワ、エフゲニア・メドベデワの戦いは、
これまで勝ち続けてきたエフゲニア・メドベデワの心中も思い、恐いくらいです。
アリーナ・ザキトワの勢いもまた、この五輪に合わせたようで恐ろしい。

Tag:フィギュアスケート 

宮原4位、坂本5位発進

平昌五輪、女子シングルSPが行われ、首位はアリーナ・ザギトワ。
エフゲニヤ・メドベデワが2位、両者とも世界最高得点を更新する演技でした。
エフゲニヤ・メドベデワは、いつものようにパーフェクトでしたが、
曲調のせいもあるのか、ちょっと慎重だった気がします。
何といっても、アリーナ・ザギトワのトリプルルッツ×トリプルループはすごい。
トリプルアクセルは、わかりやすい難技で挑戦的ですが、
女子にとっては、トリプル×トリプルも難度の高い大技だと思います。
その中でも、後ろにループジャンプをつけるのは難しい。
スピード、勢い、派手さもあって、欧州選手権の女王が僅差でトップに立ちました。
ケイトリン・オズモンドが3位、おしゃれなプログラムでよかったです。

 女子シングルSP結果
  01、アリーナ・ザギトワ(個人資格/ロシア)…82.92
  02、エフゲニヤ・メドベデワ(個人資格/ロシア)…81.61
  03、ケイトリン・オズモンド(カナダ)…78.87
  04、宮原知子(日本)…75.94
  05、坂本花織(日本)…73.18
  06、カロリーナ・コストナー(イタリア)…73.15
  07、ガブリエル・デールマン(カナダ)…68.90
  08、チェ・ダビン(韓国)…67.77
  09、長洲未来(アメリカ)…66.93
  10、カレン・チェン(アメリカ)…65.90
  11、ブラディー・テネル(アメリカ)…64.01
  12、マリア・ソツコワ(個人資格/ロシア)…63.86
  13、ニコル・ライチョバ(スロバキア)…60.59
  14、ニコル・ショット(ドイツ)…59.20
  15、エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)…57.95
  16、カイラニ・クレイン(オーストラリア)…56.77
  17、イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)…55.74
  18、エミー・ペルネトン(フィンランド)…55.28
  19、アレクシア・パガニーニ(スイス)…55.26
  20、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)…55.16
  21、キム・ハヌル(韓国)…54.33
  22、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)…53.67
  23、イベット・トース(ハンガリー)…53.22
  24、李香凝(中国)…52.46
  25、ラーキン・オストマン(カナダ)…51.42
  26、ディアナ・ニキティナ(ラトビア)…51.12
  27、ジャダ・ルッソ(イタリア)…50.88
  28、アニタ・オストルンド(スウェーデン)…49.14
  29、アンナ・フニチェンコワ(ウクライナ)…47.59
  30、アイザ・マムベコワ(カザフスタン)…44.40

宮原知子が4位、坂本花織が5位、メダルをねらえる点差で好位置につけました。
宮原知子の今日のジャンプは、団体のときよりも意識的に回っていて、
高さも出ており、回転不足の判定もありませんでした。
それにしても、上位5人が自己ベストを更新という戦いになり、
ケイトリン・オズモンドから6位のカロリーナ・コストナーまで、僅差です。
31歳、4度目の五輪出場のカロリーナ・コストナーが最終グループに残りました。
多少のミスがありましたが、スケーティングや表現力で評価されます。
FSの出来によって、このあたりの順位は変動するでしょう。
FSは明後日、試合のない明日をどう過ごすか、大事になります。
長洲未来のトリプルアクセルの転倒は残念、冒頭から緊張の面持ちでした。
母国開催のチェ・ダビン、しっとりとした雰囲気で、可憐でした。

余談
BSプレミアム、朝ドラの再放送は予想通り「マッサン」。
加えて、総合で夕方16:20から2話ずつ、朝ドラ「カーネーション」の再放送。
なぜか両方とも大阪制作、どうして今「カーネーション」なのかな。
再放送ドラマの枠が夕方にできるのは、(フジテレビと重なりますが)歓迎したい。
(ニュース、ワイドショーに疲れている人に。ドラマ復権にもいいと思う。)
(テレビ朝日は、「相棒」とか「科捜研の女」ばかり。)
大河ドラマの4月からの再放送は、「軍師官兵衛」。
NHKでは、今夏、東京パラリンピックをテーマにしたスペシャルドラマを放送。
向井理さんが主演、上戸彩さん共演、整形外科医・中村裕を描く、
「太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック」。
来年の大河ドラマは、東京五輪がテーマですが、補完的な?

Tag:フィギュアスケート 

女子シングルSP滑走順

平昌五輪、アイスダンスFDが行われ、村元哉中&クリス・リードは15位と健闘。
桜をテーマにしたプログラムは美しく、確かな技術を披露しました。
このペアが結成されてから、まだ時間は長くありませんが、すてきなカップル。
また、アメリカ代表ですが、シブタニ兄妹の銅メダルはアジア系初でした。

 アイスダンス結果
  01、テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー(カナダ)…206.07
  02、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)…205.28
  03、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)…192.59
  04、マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)…187.69
  05、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ
                 (個人資格/ロシア)…186.92
  06、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア)…184.91
  07、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)…181.98
  08、パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(カナダ)…176.91
  09、マディソン・チョック&エバン・ベーツ(アメリカ)…175.58
  10、シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファッブリ(イタリア)…173.47
  11、ペニー・クームズ&ニコラス・バックランド(イギリス)…170.32
  12、サラ・ウルタド&キリル・ハリャビン(スペイン)…168.33
  13、ティファニー・ザホースキ&ジョナサン・ゲレイロ
                  (個人資格/ロシア)…162.24
  14、ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)…161.35
  15、村元哉中&クリス・リード(日本)…160.63
  16、カビタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)…150.49
  17、マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)…149.59
  18、ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)…147.74
  19、アリサ・アガフォノバ&アルペル・ウチャル(トルコ)…147.18
  20、ルチエ・ミズリベチュコバ&ルカシュ・チェーレ(スロバキア)…142.57
 
金メダルは、2大会ぶり2度目の栄冠のテッサ・バーチュー&スコット・モイヤー。
技をこなしている感じがしない、気持ちの変遷を見ているかのような演技。
今回は、1位、2位が、世界歴代最高得点を更新する、ハイレベルな内容でした。
そして、明日からは、女子シングルの競技がいよいよ始まります。
日本からは、初出場の宮原知子、坂本花織が登場です。

 女子シングルSP滑走順(2月21日10:00~)
  01、ブラディー・テネル(アメリカ)
  02、イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)
  03、アンナ・フニチェンコワ(ウクライナ)
  04、ディアナ・ニキティナ(ラトビア)
  05、キム・ハヌル(韓国)
  06、アニタ・オストルンド(スウェーデン)
  07、李香凝(中国)
  08、アレクシア・パガニーニ(スイス)
  09、アイザ・マムベコワ(カザフスタン)
  10、エミー・ペルネトン(フィンランド)
  11、ラーキン・オストマン(カナダ)
  12、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
  13、カイラニ・クレイン(オーストラリア)
  14、イベット・トース(ハンガリー)
  15、ジャダ・ルッソ(イタリア)
  16、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
  17、ニコル・ショット(ドイツ)
  18、ニコル・ライチョバ(スロバキア)
  19、坂本花織(日本)
  20、長洲未来(アメリカ)
  21、ガブリエル・デールマン(カナダ)
  22、カレン・チェン(アメリカ)
  23、エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
  24、チェ・ダビン(韓国)
  25、エフゲニア・メドベデワ(個人資格/ロシア)
  26、宮原知子(日本)
  27、ケイトリン・オズモンド(カナダ)
  28、アリーナ・ザキトワ(個人資格/ロシア)
  29、カロリーナ・コストナー(イタリア)
  30、マリア・ソツコワ(個人資格/ロシア)

強いロシアの女子がどういう順位になるか、まず気になります。
坂本花織は、第4グループの最初、その直後に長洲未来が滑ります。
宮原知子は最終グループ、トップのエフゲニア・メドベデワの次の滑走です。
華やかな女子シングルの熾烈な戦い、楽しみです。

余談
ところで、宇野昌麿くんは、彼じたいがマスコットのようにかわいらしいので、
もはや黄色い熊さんなんて必要ないな、と思ったり。

Tag:フィギュアスケート 

村元哉中&クリス・リードはSD15位

平昌五輪、アイスダンスSDが行われ、村元哉中&クリス・リードは15位と健闘。
首位のテッサ・バーチュー&スコット・モイヤーは、さすがの貫録でした。

 アイスダンスSD結果
  01、テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー(カナダ)…83.67
  02、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)…81.93
  03、マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)…77.75
  04、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)…77.73
  05、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア)…76.57
  06、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ
                   (個人資格/ロシア)…75.47
  07、マディソン・チョック&エバン・ベーツ(アメリカ)…75.45
  08、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)…74.33
  09、パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(カナダ)…69.60
  10、ペニー・クームズ&ニコラス・バックランド(イギリス)…68.36
  11、シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファッブリ(イタリア)…68.16
  12、サラ・ウルタド&キリル・ハリャビン(スペイン)…66.93
  13、ティファニー・ザホースキ&ジョナサン・ゲレイロ
                   (個人資格/ロシア)…66.47
  14、ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)…66.06
  15、村元哉中&クリス・リード(日本)…63.41
  16、ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)…61.22
  17、カビタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)…59.99
  18、マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)…59.97
  19、ルチエ・ミズリベチュコバ&ルカシュ・チェーレ(スロバキア)…59.75
  20、アリサ・アガフォノバ&アルペル・ウチャル(トルコ)…59.42
  21、アレクサンドラ・ナザロワ&マキシム・ニキーチン(ウクライナ)…57.97 
  22、王詩エツ&柳キン宇(中国)…57.81
  23、コートニー・マンスール&ミハル・チェシカ(チェコ)…53.53
  24、アデル・タンコワ&ロナルド・ジーバーベルク(イスラエル)…46.66
  
そして、村元哉中&クリス・リードは、明日のFDに見事に進出です。

 アイスダンスFD(2月20日10:00~)
  01、マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)
  02、ルチエ・ミズリベチュコバ&ルカシュ・チェーレ(スロバキア)
  03、カビタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
  04、ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)
  05、アリサ・アガフォノバ&アルペル・ウチャル(トルコ)
  06、シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファッブリ(イタリア)
  07、ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)
  08、村元哉中&クリス・リード(日本)
  09、ティファニー・ザホースキ&ジョナサン・ゲレイロ(個人資格/ロシア)
  10、サラ・ウルタド&キリル・ハリャビン(スペイン)
  11、パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(カナダ)
  12、ペニー・クームズ&ニコラス・バックランド(イギリス)
  13、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ(カナダ)
  14、マディソン・チョック&エバン・ベーツ(アメリカ)
  15、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ(個人資格/ロシア)
  16、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア)
  17、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)
  18、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)
  19、マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
  20、テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー(カナダ)

テッサ・バーチュー&スコット・モイヤーが優勝なら、バンクーバー五輪以来。
確かな技術、華やかさ、妖艶さ、貫録とすべてを兼ね備え、
長くトップクラスであり続ける努力と鍛錬、すばらしい2人だなと思います。

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索