「斎王」の邸宅?

平安京の大型建物跡が「斎王」の邸宅ではないか、とは気になる発見。

 平安京、新たに大型建物跡 未婚の皇女「斎王」の邸宅?

 平安京で最大級の貴族邸宅とみられる平安時代前期(9世紀前半)の
 大型建物跡がみつかっていた京都市中京区の島津製作所三条工場内で、
 さらに1棟の大型建物跡が出土した。
 京都市埋蔵文化財研究所が23日発表した。
 「齋」と記された墨書土器もみつかり、
 専門家は、京都三大祭りの一つ、葵祭のヒロイン役のモデルとされ、
 古代には伊勢神宮や賀茂神社に仕えた未婚の皇女
 「斎王(斎宮、斎院)」の住まいだった可能性を指摘する。
 研究所によれば、現場は桓武天皇(在位781~806年)が造営した
 平安京の右京三条三坊五町にあたり、昨夏までの調査で
 東西21メートル、南北9メートルの大型建物跡を確認。
 その後の調査で、約12メートル北側から新たに東西14メートル、
 南北8・5メートルの大型建物跡が出土した。
 いずれも古い建物から建て替えられたとみられ、
 南北方向に大型建物2棟が並ぶ
 平安京で最大規模の邸宅だった可能性が強まっている。
 これまでの一連の調査で、
 敷地面積が1町(ちょう、約120メートル四方)規模だったとみられ、研究所は、
 現在の閣僚クラスにあたる「三位」以上の高級貴族の邸宅だったと推定する。
 調査地内の南東でも過去の調査で大型建物跡が2棟みつかり、
 1町内に二つの大型建物の区画を持つ邸宅は平安京内では初めてとされる。
 一方、調査地東側の溝から「政所(まんどころ)」と書かれた須恵器の鉢や、
 「齋」と墨書された灰釉(かいゆう)陶器の皿が出土。
 敷地内で住まいと事務棟が使い分けられていたとみられる。
 近くの別の調査地からは「斎宮」と墨書された土器の出土例もある。
 斎王とは飛鳥時代から天皇に代わって伊勢神宮に奉仕する
 未婚の皇女で、斎宮と呼ばれた。
 平安初めには京都の賀茂神社でも斎王が定められ、斎院と呼ばれた。
 それぞれには役所も設けられ、
 斎院の行列の華やかさは「源氏物語」や「枕草子」でも紹介された。
 吉野秋二・京都産業大准教授(古代史)は、
 嵯峨天皇(在位809~823年)の2人の皇女に着目し、
 「初代賀茂斎院の有智子内親王か、
 伊勢斎宮となった仁子内親王の邸宅だった可能性がある」とみる。
 (2018年3月23日「朝日新聞」電子版)

これは大きな発見、斎王の研究もわりと盛んのように思われ、発展を望みます。

余談
昨日のお仕事。行ったことのない遠い街まで、片道およそ1300円。
お試し講座でお話をさせてもらって、資料代の300円だけが私のお手当てでした。
大きな赤字、これでは、猫さんのおやつ代にもなりません……。

Tag:源氏物語・古典文学 

「伊勢物語のかがやき」

国文学研究史料館にて、現在、「伊勢物語のかがやき」展が開催中です。

 国文学研究史料館特別展示
 伊勢物語のかがやきーー鉄心斎文庫の世界ーー」
 2017月11日(水)~12月16日(土)
 国文学研究資料館1階/展示室、午前10時~午後4時30分


まもなく終了しますが、行けそうになかったところ、その図録を頂戴しました。
ありがとうございます。

余談
地上波では初放送の、NHK山口初地方ドラマ「朗読屋」を見ました。
真夜中もあいている図書館、中原中也の詩を軸にした、死と再生の物語。
お金持ちの老婦人は、かくれんぼを装って戦地に行き、
戻ってこなかった父に似た声を求め、やっと巡り合えたマモルに詩を朗読させる。
最後、マモルに「もういいよ」と言ってもらって、静かに死んでいく。
「もういいかい」に応えないまま、逝ってしまった父の代わりの、「もういいよ」。
広すぎる邸宅で、今も隠れているんじゃないかと父を捜し続けていた老婦人。
頑張って生きてきた、おそらく孤独に、もう休んでいいよ、ということでもあるはず。
マモルも、今は孤独だけれど、サボテンの花が咲いて可能性が広がる。
図書館に、司書のひとみに、朗読に、中也の詩に、老婦人に出会って、
マモルは、出ていった元妻の秘密を知り、再生していく。
今年は、「この声をきみに」も、朗読に出会って、生き直していく男の物語だった。
朗読は、本と出合うことであり、そのメッセージを誰かに伝えることでもある。
つまり、本と、文字と向き合っているようでいて、心を開くということ。

Tag:源氏物語・古典文学 

「岩佐又兵衛と源氏絵」展

先日、出光美術館で「岩佐又兵衛と源氏絵」を観てきました。

 開館50周年記念 〈古典〉への挑戦 岩佐又兵衛と源氏絵
 2017年1月8日~2月5日、出光美術館


今回の展示では、又兵衛の筆に限りませんが、風が吹き荒れていたり、
紅葉賀巻で青海波を舞う所作、絵合巻で絵画を運んでいる様子など、
動きのある、躍動感のある描き方が気になりました。
ポスターにもなっている、この光源氏の顔、誰かに似ている気がします。

余談
龍ちゃんはやりたいことを見つける、忠さんと喜代さんは自分探しの冒険に。
そして、俄かに(ちょっと予想はしていたけど)明美さんと栄輔は?

Tag:源氏物語・古典文学 

「夢と知りせば」=「君の名は。」

2016年、後悔ばかり、時間の使い方が上手ではなかったと反省しきり。
この年の背を迎えても、やり残したこと、締切間際の問題を抱えていますが、
「シン・ゴジラ」は見たけれど、「君の名は。」を見れなかったことも残念。
「君の名は。」といえば、制作段階では、「夢と知りせば」のタイトルだったとか。

 春樹と真知子のすれちがいを描いて敗戦後の日本をわかせた
 NHKラジオ劇「君の名は」。
 題名の由来には諸説ある。
 一説には、当時放送界を統制していた占領軍幹部の早とちりという
 ▽「次作の題名を」。
 内容も決まっていない段階で一方的に迫る幹部に、
 NHKの折衝役がなぜか「君の名は…」とつぶやく。
 幹部は作品名と思い込み「いい題名だ」と即決する。
 後に聞かされた脚本家菊田一夫も半ばあきれる決まり方だったらしい
 (「悲劇喜劇」1980年3月号)
 ▽新作アニメ「君の名は。」を映画館で見た。
 主人公は三葉という女子高校生と男子高校生の瀧。
 互いの心が入れ替わるうち、思いを寄せ合う
 ▽新海誠監督の頭には当初「夢と知りせば」という題があった。
 夢と現実の織りなす物語だから、夢を詠んだ和歌から引いた。
 〈思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを〉。
 あの方を思いつつ眠ったから、夢に出てきたのか。
 夢と知っていたら目を覚まさなかったのに
 ▽古今和歌集にある小野小町の名歌である。
 検討の末「君の名は。」に落ち着いたものの、
 やはり先行の「君の名は」が有名ゆえためらいもあったそうだ
 ▽〈君の名は真知子と答え歳がバレ〉と先日の朝日川柳にある。
 筆者もショール姿の真知子がすぐ浮かぶ世代だ。
 いま劇場に駆け込む10代、20代はまず真知子を知るまい。
 数十年後もきっと、「瀧くん」と呼びかける三葉の声を思い浮かべるのだろう。
 君の名や昭和は遠くなりにけり。
 (2016年10月6日「朝日新聞」/「天声人語」)

主役と同世代の観客は、春樹と真知子の「君の名は」は知らないでしょうし、
「君の名は。」というタイトルがそれにかかっていることも、周知していないのでは。
私がおぼろげに知っているのも、リメイク版、朝ドラの「君の名は」ですが。
当初、想定されていたタイトルは、小野小町の和歌から引いた、「夢と知りせば」。
「夢と現実の織りなす物語だから、夢を詠んだ和歌から引いた」。
小野小町は、「夢」の歌人です。

 思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを(古今集・552)
 うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼みそめてき(古今集・553)
 いとせめて恋しき時はぬばたまの夜の衣を返してぞ着る(古今集・554)

「古今集」には、小野小町が詠んだ夢の恋の和歌が3首、並んでいます。
いずれも、「夢」における逢瀬を詠むことで、現実のつらさを強調する和歌です。
あの人を思いつつ寝たので、あの人が夢の中に見えたのだろうか、
もし夢と知っていたのなら、目覚めなかったのに……。
目覚めてしまえば、夢の世界の恋する人は消えてしまいます。
うたた寝をしていて、恋しい人を夢に見たから、はかない夢をあてにし始めた。
恋しくてたまらないときは、夜着を裏返しにして着るおまじないをする……。
2016年に大ヒットを記録し、若い人々の共感をよんだ作品の根底に、
小野小町の詠歌がひそんでいた、ということに、とても嬉しく思っています。

余談
大晦日、尚之助さま…ではなく、矢口蘭堂(長谷川博己さん)が紅白歌合戦を守る!
再び出現したゴジラを封じて、最後まで放送されますように。
(いや、今年は没後100年、来年は生誕150年だから、夏目漱石が出てきても……。)


そういえば、NHKカルチャーでもらってきていた、「直虎」のリーフレット。

追記
ノートルダム清心学園の理事長、渡辺和子氏が天に召されました。89歳。

Tag:源氏物語・古典文学 

惟喬親王しのぶ法要、120年ぶり

2016年10月、あの在原業平と深く関わったことでも知られる、
惟喬親王をしのぶ法要が120年ぶりに催される、という記事がありました。 
2016年は、惟喬親王の没後1120年にあたるとか。

 「悲運の皇子」惟喬親王しのぶ 京都、120年ぶり法要開催へ

 平安時代に悲運の皇子として慕われた惟喬親王をしのぶ法要が10月、
 ゆかりの地である京都市左京区大原地域で約120年ぶりに開催される。
 大原には宮内庁が唯一認めた親王の陵墓がある。
 親王没後1120年を迎えるに当たり、親王をしのぶ祭りを毎年続ける
 東近江市の永源寺地区と初めて連携して企画した。
 大原の親王伝説を掘り起こす契機になりそうだ。
 惟喬親王は文徳天皇の第1皇子として生まれたが、異母弟が即位し、
 都を離れて各地の山里に隠れ住み、出家した。
 大原では親王亡き後、しのぶ法要が続いたが、
 明治期に千回忌法要を行って以降は途絶えた。
 「惟喬親王1120年鑚仰御遠忌大法要」と銘打ち、
 三千院門主の堀澤祖門さんを導師に、
 地元住民らでつくる実行委員会が10月10日に大原の勝林院で営む。
 併せて、市立京都大原学院で講演会を開き、
 「大原古文書研究会」の上田寿一さん(68)が司会を務め、
 永源寺地区の人々に木地師の技術を伝えたとされる親王について、
 木地師まとめ役の子孫という東近江市の小椋正清市長が語るほか、
 各地に残る親王伝説をたどる。
 法要に合わせ、親王の墓に近い国道367号沿いの特設会場で、
 大原の特産品や永源寺の木工品の製作実演・販売を行う。
 前夜祭でコンサートも予定する。
 企画した大原観光保勝会の辻美正会長(67)は
 「忘れかけられた親王にあらためて目を向け、
 観光振興にもつなげたい」と話す。
 (2016年5月19日「京都新聞」電子版)

文学史の上では、惟喬親王は決して忘れられてはいなかったのでしたが、
帝位につけず、無聊を風流で慰めた、惟喬親王。
藤原家が力をもっていた時代にあって、名門の出身ながら、
やはり鬱屈した思いを抱えつつ、和歌に心を慰めた、在原業平。
観光復興につなげるべく、大掛かりな企画になっているよう。 

Tag:源氏物語・古典文学 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索