2007
04.29

ジャパンオープン2007

ジャパンオープン2007の放送を見ました。
シーズンオフのいわばリクリエーション的な試合とはいえ、見応えあり。

プロのアレクセイ・ヤグディン、懐かしい「グラディエーター」の再演。
初期モロゾフの名作でしたが、現役時代の迫力はさすがになかった?
でも、身体も絞れて、ジャンプの精度が戻ってきた印象。
同じくプロのトッド・エルドジッジのスケーティングも健在でした。

織田信成の「ミッション・インポッシブル」は、だいぶ滑り込んだ感じ。
小塚崇彦の美しい滑りは伸びがあって、今日はトリプルアクセルが綺麗。
そのエッジワークの上をいったのが、ジェフリー・バトル。
スピンにも定評のあるバトルは、もしジャンプがなくても十分なスケート。

浅田真央にも安藤美姫にも転倒があり、疲労も感じられました。
欧州組、今季躍進したサラ・マイヤーとキーラ・コルビは、来季も大注目。
プレッシャーからか、実力を発揮できなかったキミー・マイズナーも。

ガラに出演予定だったキム・ヨナは、「体調不良」で欠場でした。
どういう経緯で、このようなキャンセルになったのか、謎のままです。

選手たちは、タフなシーズンを終えたばかりで、
アイスショーに出演したりなどしながら束の間の休養で身体を休め、
次のシーズンに向けて準備を始める、大切な時期です。
この大会の意義や日程の調整など、運営に課題が残ったように思います。
back-to-top