2007
07.31

初披露

昨シーズンの全米ジュニアチャンピオンで、話題のミライ・ナガス。
日米の両国籍を保有していて、日本の連盟も大きな関心を寄せています。
キム・ヨナ二世の異名をとり、あこがれは浅田真央。
この二人から学べば、完璧です。

そのミライ・ナガスが、はじめて日本で演技を披露しました。
名古屋で開催されたアイスショー「真夏の氷上祭典 ザ・アイス」。
浅田真央、舞、安藤美姫、高橋大輔らに加えて、
ランビエールやバトルなど、海外からの豪華なゲストに交じって、
スピード感あふれる滑り、美しいビールマンスピン、イナバウアー。
まだ幼いながら、存在感のある、溌剌とした演技だったよう。

新シーズンは、国内のみシニア参戦と聞いています。
世界ジュニアを制した、同い年のキャロライン・ジャンがシニア入り。
バンクーバー五輪に、必ず、メダル候補として出てくる二人。
これから、どのように成長していくか楽しみです。

いくらジュニア育成が思うように進んでいないからとはいえ、
日系のミライ・ナガスに日本国籍を選ばせて連れてくればいい、
というような思惑があるとしたら、日本の連盟は浅はか。
浅田真央のバンクーバー金メダルも、それほど簡単でないと思います。
安藤美姫が20歳を迎える新シーズン、若い芽も育っています。
back-to-top