2007
10.31

999年祭

明日の11月1日で、源氏物語千年紀まで、ちょうど1年となりました。
だから、今日は、源氏物語999年祭。
この秋から、各種イベントも徐々に始まっていくようです。

2008年は、源氏物語千年紀、なのですが、それだけではありません。
授業準備に国語便覧なぞをめくっていたら、気がつきました。

世界文学として評価される「源氏物語」は、平安文学の最高峰であり、
「紫式部日記」の1008年年11月1日の条にその名が見えるのが、
現存する、最古の記録であることは重要です。
でも、その同じ1008年には他にも、日本文学史上、大切な意味があります。
「源氏物語」の愛読者、「更級日記」作者である菅原孝標女は、
なんと、その1008年に誕生したと推定されるのです。
日記冒頭、「十三になる年、上らむとて、九月三日門出して」と見えます。
父孝標が上総介の任を終えて、一家が帰京したのは、1020年。
逆算して、孝標女が生まれたのは、1008年ということがわかるのです。
「源氏物語」に対する少女の憧憬を書き留めた彼女だから、
この巡り合わせは、運命的な奇遇としか言いようがありません。

もう一つ、後に紫式部と同様、中宮彰子に出仕することになる和泉式部。
「和泉式部日記」は、恋人の帥宮敦道親王を追憶して書かれました。
帥宮の逝去は1007年で、その喪に服していた1008年に成立したことになる。
文学史における、1008年の意味が改めて重く感じられてきます。

1008年は、源氏物語千年紀であると同時に、
平安女流文学を担った彼女たちが交錯する、1008年でした。
back-to-top