2008
05.31

ロシアへ出発

5月31日、浅田真央が、モスクワのタラソワコーチのもとに出発。
昨日、スポーツ功労賞を授与されたばかりの世界女王、いよいよ始動です。

記事によれば、タラソワコーチに依頼するのはフリーのプログラム。
まだ音楽も未定で、およそ10日間の滞在で、指導を受けるとのことです。
「ドラマチックなものがやりたい」「ストーリーがあるものがいい」とも。
フリーなら、物語性がある、ヒロインを演じる作品もいいかもしれません。
タラソワコーチのプログラムはタフで、フリーの4分間は大変だろうけれども、
キム・ヨナがうらやんでいた天性の体力で、きっと演じきってくれる。

一時帰国の後、カナダに渡ってショートプログラムを作成ということは、
昨季とは逆で、ローリー・ニコルにショートを作ってもらう模様。
彼女のショートといえば、クワンの「ラフマニノフ」とか、「エデンの東」とか、
私的には思い出の名作が多いので、楽しみです。

新しいコーチが決まらないままですが、目標は全日本の3連覇。
今日は、ユナイテッド航空から、世界選手権金メダル獲得の記念品として、
2010年冬季五輪の開催地であるバンクーバーを行き先とした、
特製純金ボーディングパスの贈呈を受けました。
「北京五輪が終われば、すぐにバンクーバー冬季五輪(が来る)。
1日1日、無駄のないように頑張りたい」。
まずは今季、若き女王は、どんな舞を見せてくれるでしょうか。
(あ、お姉さんの浅田舞は同行しなかったみたい。)
back-to-top