『草の上 星の下』

私の好みの少女漫画は、けっこうエンターテイメント性の高いもの。
ドラマチックで、いわゆる大河ロマン的な大作に興味を引かれるのですが、
今日は、こんな素朴な世界観に癒されました。

草の上星の下 (クイーンズコミックス)草の上星の下 (クイーンズコミックス)
(2008/06/19)
谷川 史子

商品詳細を見る

谷川史子さんの漫画を読むのは、はじめてかもしれません。
あまりに素朴で、飾り気のない作風が、じわじわと心にしみいる感じ。
「春が来たなら」はホームドラマ的名作ですし、
特に、姉妹の葛藤を描いた表題作は、うんうん、と頷きつつ読みました。
同じ環境で育ちながら、姉妹は性格もちがい、生き方もちがう。
それだけに、近いところで見ているお互いにあこがれ、そして、嫉妬する。

 お姉ちゃんがしあわせでありますように
 悲しいことや苦しいことが
 お姉ちゃんの夢にしのびこんできませんように
 お姉ちゃんの大切な人が
 お姉ちゃんを笑顔でいさせてくれますように
 (谷川史子『草の上 星の下』集英社、2008年)

対抗心や劣等感を乗り越えた先には、こんな優しい願いがある、きっと。

Tag:少女漫画 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索