2008
10.31

『あなたの夢はなんですか?』

Category:
中学1年生の課題図書に選ばれている1冊ですが、文学的というのではなく、
毎日の生活を一生懸命に、誠実に生きてほしいというメッセージから。
帯には、「いま子どもに読ませたい本ナンバーワン」とあります。

あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。
(2004/10)
池間 哲郎

商品詳細を見る

著者は、大学で国際ボランティアについて講義もなさっています。
少なからず自費を投じた活動に、本当に頭が下がります。
しかし、本書の主題は彼のボランティア精神ではありません。
苛酷な環境で一生懸命に生きる、子どもたちの姿に見出される希望です。

本書は決して、ボランティアや募金の押しつけでもお願いでもなく、
「生きる」ことに必死の、ボロボロになりながらも優しさを失わずに生きている、
貧困の中で暮らす子どもたちの生き方を知ってほしい、そういう本。
まず自分が一生懸命に生きなければ、命の尊さはわからない、と言います。

豊かな国で、「勉強ができる」喜びを理解してくれるでしょうか。
むしろ彼女たちは、24時間テレビや何やらで、こうした話は聞き慣れているかも。
話題の『ホームレス中学生』でも何でもそうですが、問題なのは、
それを単なる他人事ではなくて、そこから何を学び取るか、なのだと思います。
たとえ境遇がちがっても、他人のことを思いやってやることができる、
そんな想像力を養うことは、日々の学校生活をも円滑にする、大事な成長です。

ちょこっと宣伝
http://www.kanrin.co.jp/shoko/ISBN978-4-87737-266-8.html
back-to-top