織田、ナガスが首位発進

中国大会、男子シングルのSPでは織田信成が首位スタート、連覇をねらいます。

 1、織田信成
 2、セルゲイ・ボロノフ
 3、エヴァン・ライサチェック
 4、サミュエル・コンテスティ
 5、関金林
 6、ヤニック・ポンセロ

 7、ステファン・キャリエール
 8、楊超
 9、デニス・テン

フランス大会で涙を流して悔しがっていた演技点も、今回は満足のいく感じかな。
織田信成は、ここで優勝すれば、GPS連覇という快挙になります。
世界王者のエヴァン・ライサチェックも、僅差ですから、逆転を期してくるでしょう。

そして、女子シングルのSPは、予想に反する波乱が起きています。

 1、ミライ・ナガス
 2、キーラ・コルピ
 3、カロリーナ・コストナー
 4、鈴木明子
 5、レイチェル・フラット
 6、村主章枝

 7、ジョアニー・ロシェット
 8、劉艶
 9、ベアトリサ・リャン

優勝候補のジョアニー・ロシェットが、ジャンプのミスが続き、まさかの7位。
コンビネーションが入らず、ダブルアクセルもパンクし、第2グループに入れなかった。
最近は安定感を見せていた彼女らしからぬミス、FPでどこまで順位を上げるか。
FPの「サムソンとデリラ」は大変に凝ったプログラムで、ミスさえなければ評価されそう。

トップは、元全米女王の実力を発揮したミライ・ナガス、今日は完璧でした。
ミシェル・クワンを育てたフランク・キャロルコーチに師事して、その成果を感じます。
衣装にしても、振り付けにしても、ポージングにしても、風格や落ち着きが出てきました。
フランス大会で不調だったキーラ・コルピ、カロリーナ・コストナーが2位、3位。
FPしだいで大きな順位変動がありそうですが、上位3人が表彰台を守れるかどうか。

鈴木明子は、海外でのGPSにはじめて出場、回転不足をとられて4位。
レイチェル・フラットは、キュートなプログラムを演じましたが、出遅れの5位でした。
村主章枝も、ルッツで回転不足の判定で、大きなミスはなかったものの6位。
上位3人からは点差がひらいてしまいましたが、かろうじて第2グループに残っています。
振り付けは、バフタン・ムルバニゼ氏(「フィギュアスケートDays」より)。
ミーシンコーチに師事しているはずですが、キス&クライにはパシュケビッチ氏の姿?

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索