第3戦は中国大会

GPS第3戦は、微妙に実力者のそろった中国大会になります。
織田信成がファイナル進出をかけて、村主章枝と鈴木明子が初戦を迎えます。
男女シングルのSPの滑走順も発表され、上位争いは混戦になりそうな印象があります。

 男子SP滑走順
  5、ケビン・レイノルズ(カナダ)
  6、サミュエル・コンテスティ(イタリア)

  7、デニス・テン(カザフスタン)
  8、ステファン・キャリエール(アメリカ)
  9、織田信成
  10、セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
  11、ヤニック・ポンセロ(フランス)
  12、エヴァン・ライサチェック(アメリカ)

優勝争いは、世界王者のエヴァン・ライサチェックとフランス大会を制した織田信成か。
伸び盛りのデニス・テンもいて、上位争いがどうなっていくか楽しみです。

 女子SP滑走順
  5、ベアトリサ・リャン(アメリカ)
  6、ミライ・ナガス(アメリカ)

  7、鈴木明子
  8、村主章枝
  9、キーラ・コルピ(フィンランド)
  10、レイチェル・フラット(アメリカ)
  11、ジョアニー・ロシェット(カナダ)
  12、カロリーナ・コストナー(イタリア)

フィンラディア杯で7位と低迷した村主章枝、鈴木明子が上位争いに加わるか。
優勝候補は、順当なら、母国開催の五輪に照準を合わせているジョアニー・ロシェット。
今年の世界選手権に初出場で5位と健闘したレイチェル・フラットも、有力。
若くして五輪女王となったタラ・リピンスキー、サラ・ヒューズを彷彿とさせるのは彼女です。
フランス大会では、ミスが目立って6位だったカロリーナ・コストナーが復調しているか。
その彼女を含めて、フランク・キャロルコーチの教え子がそろっています。
ベアトリサ・リャンは、ジャパンオープンは急遽の出場でジャンプが不安定でした。
そのジャパンオープンを調整不足のために欠場したのが、ミライ・ナガス。
五輪出場を目指して、レイチェル・フラットにここでも負けてはいられないところ。
エヴァン・ライサチェックもキャロルコーチだし、コーチにとっては効率いいけど、大変そう。

余談
NHK杯にエントリーしていた武田奈也が、右足の踵の怪我のために欠場を発表。
代わりには、シニアGPS初出場となる、石川翔子が出場します。
佐藤信夫コーチのもとに移籍した石川翔子、思いがけないチャンスが巡ってきました。
武田奈也には、怪我を完治させて、全日本で元気な演技を見せてほしい。

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索