2017
08.20

成瀬仁蔵『女子教育』を読んで

Category: 広岡浅子
井上秀が生涯を捧げることになる、日本女子大学校も、
広岡浅子なくして開校されたかどうか、それもわかりません。

 前に申した九州へ炭鉱監督にゆく車中で、浅子さまは、
 成瀬先生の「女子教育」という本を開いてよみはじめたところ、
 そこにある説が、感激をよびました。
 『これはいい事を書いてある!』と思われて、すつかり読んでから、
 又もう一度よみ、かえりの車中で又も読みかえす気になり、
 『この通り、この通り……』と思われたそうです。
 すると、実行家の性格をもつているこの方でしたから、
 早速、実現にかかりました。
 
広岡浅子の型破りな行動の象徴が、女ながら炭鉱を経営し、視察したこと。
まさに、その炭鉱監督に行く途中で、成瀬仁蔵の『女子教育』を読んだわけです。
感激しただけで終わらず、すぐに行動に出るところが、広岡浅子らしさ。

 当時、成瀬先生の教育主張に共鳴され、
 日本女子大学設立に支援されました方は、
 大和の富家土倉庄三郎氏でありましたが、更に、三井氏に紹介され、
 伊藤公に紹介され、又、他の方へも紹介されて、
 日本女子大学創設のレールは敷かれていつたのでありました。
 何というすばらしい先駆者で、そして、実行家でありましたか!
 成瀬校長もこの広岡夫人に出逢わなかつたら、その志はどんなに立派でも、
 ことによつたら、日の目を見ない結果になつたかと思われます。
 (『井上秀先生』桜楓会出版・編集部、1973年)

成瀬仁蔵は、やはり牧師であり、教育者であり、世間には疎い。
広岡浅子や土倉庄三郎などの商人が支援してはじめて、寄附も集まった。
志だけでは実現しない、生々しい部分を担ったわけでしょう。

余談
「おんな城主 直虎」第33回、井伊を、直虎を守るために、
「嫌われ政次の一生」を貫いた但馬。
その但馬をみずから槍で突いた直虎……。
2013年「八重の桜」第33回は「尚之助との再会」だったと思い出す。
翌日、八重さんのウエディングドレス姿が公開されてショックだったことも。
直虎と但馬の、愛、絆、主従関係のすべてが入り混じった信頼関係。
それが凝縮された、大河ドラマ史上にもない壮絶な但馬の最期。
back-to-top