2017
09.30

「『はいからさんが通る』展」が弥生美術館で

Category: 少女漫画
大和和紀といえば、弥生美術館の原画展が始まりました。
「花子とアン」の再放送も、来週から修和女学校編に入ります。
明後日から始まる「わろてんか」でも、ヒロインの女学生姿が見られそう。

 大和和紀の原画約200点を公開 「『はいからさんが通る』展」が弥生美術館で

 大和和紀の原画展
 「『はいからさんが通る』展 ~大正♡乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」が、
 東京の弥生美術館で9月29日より開催される。
 このイベントでは「はいからさんが通る」の原画とともに、
 大正から昭和初期にかけての女性文化を紹介。
 大和の初期作品や「あさきゆめみし」「ヨコハマ物語」
 「イシュタルの娘」などの代表作を含む、約200点の原画を公開する。
 期間中には学芸員によるギャラリートークも開催。
 袴着用で来館すると特製しおりがもらえ、
 入館料も割引になるサービス「ハイカラさん割引」も実施される。
 「はいからさんが通る」は1975年から1977年まで
 少女フレンド(講談社)にて連載された作品。
 大正時代の東京を舞台に、活発でおてんばな“はいからさん”こと花村紅緒と、
 許嫁である陸軍少尉・伊集院忍との波乱万丈な恋模様が描かれた。
 なお10月には、宝塚歌劇団花組による
 「ミュージカル浪漫『はいからさんが通る』」が上演。
 早見沙織が紅緒役、宮野真守が少尉役を演じるアニメ映画
 「劇場版 はいからさんが通る」の前編が11月に、
 後編が2018年に公開されることも決定している。
 (2017年7月10日「コミックナタリー」)

弥生美術館で開催されるということで、ただの原画展に終わらず、
「大正から昭和初期にかけての女性文化を紹介」とあり、さらに楽しみです。

余談
「ひよっこ」は最終回、「悲しい出来事に幸せな出会いが勝ったんだよ」。
失踪した父の代わりに働きに出た東京で、みね子は幸せに。
「人が暮らしてるとごろは、みんな、いいとごだよ」から始まり、
大事なことはいつも宗男おじさんが言っていた気がします。
世津子はあかね荘を継ぐのかな、すずふり亭には愛子さんがいて、
富子さんと鈴子さんみたいな関係に、世津子と愛子がなるのかもしれない。
「悲しい出来事」があったけれど、あかね荘で友ができて、
「幸せな出会いが勝った」のは、世津子も同じ。
みね子、時子、三男は、これからも東京で生きていく。
スピンオフはないのかな(なくてもいいと思う、本編で描き切るのも大事)、
それとも、時間を置いて続編的に制作?
続編を見たいとも思うし、みね子夫婦が、荻窪あたりで
小さな洋食屋さんをしているのを、勝手にふんわり想像していたいとも思う。
「わろてんか」は、ヒロイン以外、子役さんも含めて見知った顔ぶれが多い。
back-to-top