2017
09.13

東洋英和、山梨英和、静岡英和が連携協定

Category: 村岡花子
ネットの波に乗っていて、こんな記事を発見しました。
この記事によれば、「起源をベースにして、
地域をまたいでの大学間協定は大変珍し」い、といい、意外な印象も。
地域を異にしつつも、同じルーツをもつ学校は少なからずあると思いますが、
交流や協力がないのはもったいないな、と単純に感じます。

 カナダ・メソジスト婦人伝道会が明治半ばに創立した
 東洋英和、山梨英和、静岡英和 起源をベースに包括連携協定を締結

 カナダ・メソジスト婦人伝道会を開学のルーツとする
 静岡英和学院大学・静岡英和学院大学短期大学部(静岡市)と
 山梨英和大学(山梨県甲府市)、
 東洋英和女学院大学(神奈川県横浜市)が8日、
 包括連携に関する協定を締結した。
 各大学の学長および関係者10人が出席し、
 静岡英和学院大学(静岡市)で締結式が行われた。
 大学間協定の中でも、起源をベースにして、
 地域をまたいでの大学間協定は大変珍しく、
 今後さまざまな先進的取り組みを実施することが期待される。
 3大学は、毎年度開催している「3英和(法人)懇談会」の中で
 大学分団協議の場を持ち、
 ルーツを共にする3大学連携についての可能性を模索してきた。
 それを踏まえ、学生や教職員の交流および
 研修を具体的連携事項として正式に協定を締結し、
 相互のさらなる活性化、発展を図っていくことになった。
 東洋英和女学院は1884年、カナダ・メソジスト婦人伝道会から派遣された
 宣教師マーサ・J・カートメルによって設立された。
 2014年のNHK連続テレビ小説「花子とアン」で
 「私立修和女学校」として描かれたことでも有名だ。
 静岡英和学院は87年、カナダ・メソジスト婦人伝道会の
 宣教師M・J・カニンガムを初代校長として創立し、
 91年からその経営を同伝道会が引き受けた。
 そして89年には山梨英和学院が、
 やはりカナダ・メソジスト婦人伝道会に教育実務を委託して設立された。
 協定の具体的な連携事項として、
 ▽高等教育および諸活動に対する連携、
 ▽学生の交流、▽教職員の交流および研修、
 ▽その他、3英和大学が必要と認める事業を挙げる。
 締結式の中で静岡英和学院大学の柴田敏学長は、
 「ルーツを同じくする3大学での結び付きを強め、
 さらなる教育の充実を図っていきたい」と話した。
 (2017年6月14日「クリスチャントゥデイ」)

こうした連携の動きも、ドラマの影響で学校が注目された余波でしょうか。
村岡花子は、東洋英和女学校の出身ですが、生まれたのは山梨。
父の安中逸平は、静岡で茶の行商中にカナダ・メソジスト派の教会に出入りし、
その思想に傾倒、布教の流れに沿って山梨の甲府に移り住んだとか。
幼児洗礼を受けていた花子は、その縁で東洋英和女学校の給費生となった。
卒業後、花子は、山梨英和女学校で教えましたし、戦後には、
静岡英和女学校でも講演を行ったり、それはやはり結びつきがあったはず。
http://whiteplum.blog61.fc2.com/blog-entry-3162.html

余談
SNSで苦手な有名人の名前をあげて、嫌いとか、消えてとか、辞めろとか、
わざわざそういう発信をするのは、単なるつぶやきなのだろうけども、
好きなこと、好きな人のことだけをつぶやけばいいのにね、と思う。
テレビの向こう側にいる相手だから言える、でも、その言葉は暴力的。
ところで、23区内の私立大学の定員数の問題。
地方に安定した、魅力ある職場や暮らしやすい環境があれば、
東京に進学しても、故郷に戻るチャンスが生まれる。
学生時代に東京で学び、色々な人に出会い、様々な経験をするのもいい。
そこでの学び、人脈、経験などを持って帰れば、財産になる。
back-to-top