「賢治妹の回想録出版へ」

宮沢賢治の妹、岩田シゲによる回想録が見つかり、出版されました。
『宮沢賢治妹・岩田シゲ回想録 屋根の上が好きな兄と私』(蒼丘出版)です。

 賢治妹の回想録出版へ 岩田シゲ執筆、「永訣の朝」逸話も

 花巻市生まれの詩人で童話作家の宮沢賢治(1896~1933年)の妹
 岩田シゲ(1901~87年)による回想録が近く出版される。
 賢治の詩「永訣の朝」に描かれた
 上の妹トシ(1898~1922年)の最期の様子のほか、
 幼少期の賢治のエピソードもつづられている。
 回想録は「屋根の上が好きな兄と私」(蒼丘書林)。
 監修した実践女子大の栗原敦名誉教授は同書に解説を寄せ、
 シゲの「繊細かつ生き生きとした筆致」を指摘。
 多くの貴重な事実が明らかにされた意義を強調している。
 回想録はシゲが70歳を過ぎた頃から書きためていた。
 没後に次男夫妻が「孫たちへ」と題した冊子にして親族に配った。存
 在を知った栗原さんが確認し、監修。
 15編に構成し、賢治やシゲの略年譜や家系略図も付けた。
 「永訣の朝」では、病床のトシに
 「あめゆじゅとてちてけんじゃ(雨雪を取ってきてください)」と頼まれた賢治が、
 碗(わん)に雪をよそってきて食べさせる情景が描かれた。
 今回収録の「姉の死」で、シゲはこの日を回想。
 「賢治兄さんは何か言いながら採ってきた松を枕元に飾り、
 お茶碗の雪を少しづつさじですくって食べさせてあげましたっけ」
 と振り返っている。
 (2017年12月6日「岩手日報」電子版)

宮沢賢治がトシのために「雨雪」をとってくるとき、実はシゲもいっしょにいた。
でも、「永訣の朝」には、シゲの存在はうたわれていません。
なぜシゲを描かなかったのか、という新しい論点も出てきたのかなと思います。
宮沢トシは、日本女子大学校の家政科で学びました。

Tag:本 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索