協志社=同志社の礼拝堂で葬儀

徳冨蘆花「黒い眼と茶色の目」、お稲=みねの葬儀はキリスト教式でした。

 親類と云ふにあまり着物が見つともないと云ふて、
 叔母さんは江見君と敬二に又雄さんの着古しの紋付羽織を出してくれた。
 袴は一つしかなかつたので、敬二は誰やらの注意で、
 去秋 Senseless being と扇動演説に罵つた
 四角四面の林田さん宅に往つて借りて來た。
 左の肩の所が少しいたむでぼやけた絲目を見せた
 薄茶色一樂の三鱗の紋付羽織を被て、やゝくたびれた嘉仙平の袴をはき、
 草履のやうに禿びた薩摩下駄をはいて、
 出棺前の玄關先に敬二が立つて居ると、
 黄八丈の壽代さんがお節ちやんを抱いて來て、眼早く敬二を見つけ、
 『敬さんに抱かれてお出』
 と云つて、お節ちやんを手渡した。
 受取りながら唯見ると、伊豫出の一年生町田の元さんが
 少し仰向いた團子鼻をひくひくさせてくりくりした眼で笑つて見て居る。
 敬二はてれ隠しにお節ちやんを抱いて往つて、
 邦語神學科の下山さんの天神髯を引張らせて居た。
 壽代さんの影がまたちらりとした。
 Mrs 誰だ、と下山さんがきくと、
 『Mrs,Tokuno』
 と元さんはゆるゆるとした口調で云ふた。
 敬二はお節ちやんを抱いて玄關に上つた。

「伊豫出の一年生町田の元さん」とは、増田雅太郎でしょう。
増田雅太郎は、明治21(1888)年6月、同志社英学校普通科を卒業します。

 正午やゝ過ぎて、荒神口の家を永久に出たお稲さんの棺は、
 昔其處に處女時代を其人の過した女學校の前を通つて、
 彰光館の鐘のつゞけざまに鳴る中を協志社の禮拜堂に入つた。
 又雄さんは協志社社員なので、
 協志社も半日の休業をして弔意を表するのであつた。
 禮拜堂は一ぱいになつて居た。
 黑い柩は高壇の下に安置され、花環と花の十字架が其上に置かれ、
 飯島先生の筆で能勢稲子之墓と書いた墓標は
 白木綿で巻かれたまゝ其横に立てかけられた。
 壇上にはフロツクコートの飯島先生がかけて居る。
 能勢家、山下家、飯島家、黑田家の家族親族は
 中央腰掛の第一列に腰かけて居る。
 敬二はかあやんと並んで其背(うしろ)に腰かけた。

能勢稲子=横井(伊勢)みね子は、明治20(1887)年1月27日(26日とも)に死去。
葬儀は翌日、同志社の礼拝堂で営まれました。
中央の一番目に座ったのは、能勢家=横井(伊勢)家、山下家=山本家、
飯島家=新島家、そして、黑田家とは山本覚馬の妹、新島八重の姉の窪田家。
その後ろに、敬二=徳冨蘆花、かあやん=寿加が座っています。

 前列に腰かけて居る壽代さんが突(つ)と立上つて席をはなれた。
 敬二ははつと息がつまるやうに覺えた。
 何をするかと思へば、柩の黑布の皺を直して、澄して席に復へるのであつた。
 やがて脇正面の職員出入口が開いて、
 胡麻鹽髯の人が女に負られて來て、前列の席に着いた。
 お稲さんの阿父(おとうさん)の山下さんであつた。
 やがて堂内は森(しん)となつた。
 前列の席をはなれて、人込みの中につひ背に居る加壽を尋ねるお節ちやんの
 『かあやん、かあやん』と云ふ心細い聲が堂内に迷ふた。
 (『徳冨蘆花集 第11巻』日本図書センター、1999年)

礼拝堂でも、壽代=久栄の行動は突拍子がなく、はらはらさせたよう。
後妻の時代=時栄と離別した山下勝馬=山本覚馬は、長女をも失いました。
「女に負はれて來て」とありますが、それは誰のことでしょうか。
お稲=みねの実母の実家にも訃報は伝わったはずですが、ここには見えません。
幼いお節ちゃん=悦子の無邪気な様子が、悲しみを誘います。

余談
「わろてんか」、うちはなんでこうなんやろ、と嘆いていたリリコが、優しくなった。
ほんの少しだけれど、それは、相方という家族ができたからだろうか。
楓さん、これまでもっと寄席に通っている場面があればよかったのに。

Tag:山本久栄 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索