団体・宇野昌磨がトップ

平昌五輪、開幕式に先立ち、フィギュア団体の男子・ペアのSPが行われました。
全日本選手権よりも緊張しなかった、とは実感がないからなのか、
冒頭の4回転フリップで手をついた、ミスを最小限にとどめてトップの宇野昌麿。
すべての選手の中で、唯一100点を超えたことは自信になるでしょう。

 団体・男子シングルSP結果
  01、宇野昌磨(日本)…103.25
  02、オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)…88.49
  03、パトリック・チャン(カナダ)…81.66
  04、ネイサン・チェン(アメリカ)…80.61
  05、マッテオ・リッツォ(イタリア)…77.77
  06、チャ・ジュンファン(韓国)…77.70
  07、閻涵(中国)…77.10
  08、ミハイル・コリヤダ(個人資格/ロシア)…74.36
  09、パウル・フェンツ(ドイツ)…66.32
  10、シャフィク・ベセギエ(フランス)…61.06

 団体・ペアSP結果
  01、エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ
                  (個人資格/ロシア)…80.92
  02、メーガン・デュアメル&エリック・ラドフォード(カナダ)…76.57
  03、アリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ(ドイツ)…75.36
  04、アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)…69.75
  05、于小雨&張昊(中国)…69.17
  06、バネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)…68.49
  07、ニコーレ・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)…67.62
  08、須崎海羽&木原龍一(日本)…57.42
  09、ペイジュ・コナーズ&エフゲニー・クラスノポルスキー
                  (イスラエル)…54.47
  10、キム・ギュウン&アレックス・カム・カンチャン(韓国)…52.10
  
須崎海羽&木原龍一は8位、堂々とした、そして細やかさもある演技でした。
シングル競技に引っ張られ、ペア競技も世界に追いつきつつあるような気がする。

  01、カナダ…17
  02、アメリカ…14
  03、日本…13
  04、個人資格/ロシア…13
  05、イスラエル…11
  06、中国…10
  07、イタリア…10
  08、ドイツ…10
  09、韓国…6
  10、フランス…6

日本は暫定3位、アイスダンスSD、女子シングルSPは11日に行われます。
ミスが目立ったのは、五輪の魔物なのか、個人競技に照準を合わせたためか。
団体戦における経験が、個人競技にどう影響するのかも未知数です。

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索