団体・日本は決勝進出

平昌五輪、フィギュア団体は、アイスダンスSD、女子シングルSPが行われ、
その結果、日本は暫定4位となり、決勝(FS)に進出しました。

 団体・アイスダンスSD結果
  01、テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー(カナダ)…80.51
  02、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)…75.46
  03、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ
               (個人資格/ロシア)…74.76
  04、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア)…72.51
  05、村元哉中&クリス・リード(日本)…62.15
  06、マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)…57.94
  07、王詩エツ&柳キン宇(中国)…56.98
  08、カビタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)…56.88
  09、ミン・ユラ&アレクサンダー・ガメリン(韓国)…51.97
  10、アデル・タンコワ&ロナルド・ジーバーベルク(イスラエル)…44.61

 団体・女子シングルSP結果
  01、エフゲニア・メドベデワ(個人資格/ロシア)…81.06
  02、カロリーナ・コストナー(イタリア)…75.10
  03、ケイトリン・オズモンド(カナダ)…71.38
  04、宮原知子(日本)…68.95
  05、ブラディー・テネル(アメリカ)…68.94
  06、チェ・ダビン(韓国)…65.73
  07、李香凝(中国)…58.62
  08、ニコル・ショット(ドイツ)…55.32
  09、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)…46.62
  10、エイミー・ブキャナン(イスラエル)…46.30

光ったのは、四大陸選手権でも3位と大健闘した、村元哉中&クリス・リード。
宮原知子は、回転不足の判定が厳しく、点数があまり伸びませんでした。
ジャンプに高さがないので、疑われやすく、マークされているところはあるのかも。
大柄の選手の直後で、よけいに厳しく見られたのかなと思いました。

 01、カナダ…35
 02、個人資格/ロシア…31
 03、アメリカ…29
 04、日本…26
 05、イタリア…26
 06、中国…18
 07、ドイツ…16
 08、イスラエル…13
 09、韓国…13
 10、フランス…13

日本は暫定4位で決勝進出し、ペアのFSが早速行われました。

 団体・ペアFS滑走順(2月11日13:40~)
  01、須崎海羽&木原龍一(日本)
  02、バレンティーナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレック(イタリア)
  03、アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)
  04、メーガン・デュアメル&エリック・ラドフォード(カナダ)
  05、ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(個人資格/ロシア)
 
 団体・ペアFS結果
  01、メーガン・デュアメル&エリック・ラドフォード(カナダ)…148.51
  02、バレンティーナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレック(イタリア)…138.44
  03、ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト
                    (個人資格/ロシア)…133.28
  04、アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)…126.56
  05、須崎海羽&木原龍一(日本)…97.67

ペアFSまで終了して日本は5位、明日は、男子シングルFSに田中刑事、
女子シングルFSに坂本花織が登場し、アイスダンスFDも行われて順位が確定。

 01、カナダ…45
 02、個人資格/ロシア…39
 03、アメリカ…36
 04、イタリア…35
 05、日本…32

 団体・男子シングルFS滑走順(2月12日10:00~)
  01、ミハイル・コリヤダ(個人資格/ロシア)
  02、マッテオ・リッツォ(イタリア)
  03、アダム・リッポン(アメリカ)
  04、パトリック・チャン(カナダ)
  05、田中刑事(日本)
 
 団体・女子シングルFS滑走順(2月11日11:10~)
  01、長洲未来(アメリカ)
  02、坂本花織(日本)
  03、ガブリエル・デールマン(カナダ)
  04、カロリーナ・コストナー(イタリア)
  05、アリーナ・ザギトワ(個人資格/ロシア)

 団体・アイスダンスFD滑走順(2月11日12:20~)
  01、村元哉中&クリス・リード(日本)
  02、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア)
  03、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ(個人資格/ロシア)
  04、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ(アメリカ)
  05、テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー(カナダ)

ソチ五輪ではメダルを逃した日本チーム、リベンジとなるでしょうか。
注目の1人は、欧州選手権を制したアリーナ・ザギトワ。
今日はエフゲニア・メドベデワが世界歴代最高得点を記録、彼女はどうか。
FSにも登場するパトリック・チャンには、競技の神髄を見せてほしいと思います。

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索