FC2ブログ

男子シングルSP滑走順

平昌五輪、ペアでは、ドイツのペアが悲願の金メダルを獲得しました。
SP4位からの逆転、アリョーナ・サブチェンコは35歳、5度目の五輪での栄冠。

 ペア結果
  01、アリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ(ドイツ)…235.90
  02、隋文静&韓聰(中国)…235.47
  03、メーガン・デュアメル&エリック・ラドフォード(カナダ)…230.15
  04、エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ
                  (個人資格/ロシア) …224.93
  05、バネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)…218.53
  06、バレンティーナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレック(イタリア)…216.59
  07、ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト
                  (個人資格/ロシア)…212.88
  08、于小雨&張昊(中国)…204.10
  09、ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー(カナダ)…204.02
  10、ニコーレ・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)…202.74
  11、カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)…198.11
  12、クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ
                  (個人資格/ロシア)…194.45
  13、リョム・テオク&キム・ジュシク(北朝鮮)…193.63
  14、アナ・ドゥシュコバ&マルティン・ビダジュ(チェコ)…186.33
  15、アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)…185.82
  16、アニカ・ホッケ&ルーベン・ブロマールト(ドイツ)…171.98

さあ、そして、明日からはいよいよ男子シングルの競技が始まります。
上位24人がFSに進出、日本からは羽生結弦、宇野昌麿、田中刑事が登場。

 男子シングルSP滑走順(2月16日10:00~)
  01、フェリペ・モントーヤ(スペイン)
  02、シャフィク・ベセギエ(フランス)
  03、ビンセント・ジョウ(アメリカ)
  04、デニス・テン(カザフスタン)
  05、マッテオ・リッツォ(イタリア)
  06、マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
  07、ヤロスラフ・パニオット(ウクライナ)
  08、閻涵(中国)
  09、ジュリアン志傑乙(マレーシア)
  10、ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
  11、モリス・クビテラシビリ(ジョージア)
  12、キーガン・メッシング(カナダ)
  13、ミハル・ブレジナ(チェコ)
  14、チャ・ジュンファン(韓国)
  15、パウル・フェンツ(ドイツ)
  16、ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
  17、ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
  18、ダニエル・サモヒン(イスラエル)
  19、アダム・リッポン(アメリカ)
  20、ドミトリー・アリエフ(個人資格/ロシア)
  21、パトリック・チャン(カナダ)
  22、田中刑事(日本)
  23、オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)
  24、デニス・バシリエフス(ラトビア)
  25、羽生結弦(日本)
  26、ネイサン・チェン(アメリカ)
  27、ミハイル・コリヤダ(個人資格/ロシア)
  28、宇野昌磨(日本)
  29、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
  30、金博洋(中国)

最終グループの最初が羽生結弦、ネイサン・チェンがその直後に滑ります。
宇野昌麿は最終グループ4番目、ハビエル・フェルナンデスがその次、
四大陸選手権で初優勝を飾ったばかりの金博洋が、最終滑走となりました。
羽生結弦は、懸念されていた怪我の影響はあまり感じられません。
ジャンプに大きな問題はないようで、問題はFSを滑り切る持久力でしょうか。
となれば、明日のSPでは首位に立っておきたいところ。
逆境からの復活、というドラマ性も手伝って、勢いに乗りそうな気がします。
そして、忘れてならないのは、宇野昌麿もメダル候補だということ。
魔物が棲むという五輪、何があるかわからない、誰もが優勝候補です。

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索