グンゼ創業者を朝ドラに

大阪制作の朝ドラは、現代に続く企業の創業者を取り上げることが多い。
大阪から始まった企業が生き残っているのだな、と改めて思います。
そんな中で、京都の綾部出身のグンゼの創業者を朝ドラに、という動きは、
以前からあったらしく、2016年の記事に見出せます。
http://whiteplum.blog61.fc2.com/blog-entry-3840.html
そして、そのグンゼ創業者である波多野鶴吉は、没後100年を迎え、
朝ドラに採用されることを願い、その生涯が市民劇に描かれるとのこと。

 グンゼ創業者生涯、市民劇に 京都・綾部、朝ドラ採用も訴え

 繊維大手グンゼの創業者、波多野鶴吉(1858~1918年)が23日、
 没後100年を迎える。
 どん底からはい上がり、京都府綾部市を代表する蚕糸会社を興した人生と、
 地域との共存共栄を重んじた哲学は、今も市民から尊敬されている。
 17日には、市民とグンゼ社員が鶴吉の生涯を再現する演劇を地元で上演する。
 鶴吉は18~21歳の時、現在の京都市内で事業を次々と興したが失敗、
 何鹿郡(現・綾部市)に帰郷した。
 小学校教諭として再出発し、
 養蚕で働く子どもたちの生活を豊かにしようと蚕糸業を興した。
 社会と社員から信用される経営の重要性を説き、
 自らを律して誠実に生きなければならないとする「至誠」を経営哲学とした。
 その生涯を多くの人に伝えようと、9日、
 グンゼ記念館(綾部市青野町)に市民とグンゼ社員計28人が集まった。
 17日に迫った演劇の本番に向け、稽古が熱を帯びた。
 出演する上林隆さん(64)=同市舘町=は、鶴吉について
 「失敗、挫折を繰り返したからこその人間の強さを感じる」と話す。
 演劇は午前10時半からと午後1時半からの2回、同記念館で上演される。
 鶴吉の足跡を伝えるグンゼ博物苑(同市青野町)の本年度来場者は
 1月末時点で1万9285人で、初めて2万人を突破する見通し。
 綾部商工会議所や市は3年前から協議会をつくり、
 「朝の連続テレビ小説」で鶴吉と妻はなの物語を採用してもらうよう、
 NHKに働きかける運動をしている。
 事務局を務める同商議所の塩見勝美専務理事(64)は
 「利益優先の不正が日本企業で相次ぐ中、
 信用を重んじた鶴吉の哲学は現代に通じる普遍性がある」と語る。
 21~266日はグンゼ博物苑で鶴吉の特別展、
 25日は鶴吉ゆかりの地をめぐる散策も市内である。
 (2018年2月14日「京都新聞」)

数々の失敗を経て、今も誰もが知る大企業を起こしたことはドラマになりそう。
朝ドラになるならば、その妻・はなの人物像を知りたいところ。
また、個人的には、グンゼ前身で働く女子に教育の機会を与えていたことは、
もっとアピールし、ドラマの大きな柱にするべきではないか、と思います。
http://whiteplum.blog61.fc2.com/blog-entry-3839.html
キリスト教精神に根ざした女子従業員の教育で、修身から、
国語、家事算術など幅広く及んだもので、それに尽力した川合信水も興味深い。

余談
「西郷どん」、いよいよ大奥の本寿院が登場。
「私は母として、公方さまの妻になる者に、もっとも望むことがある。
我が子を一人にしてほしくはない。
あの子を置いて先立つことだけは、してほしくはないのじゃ」
お世継ぎの誕生ではなかった、ということと、母の愛情を感じる願い事。
家定も、「死なない御台所がほしい」。
共感力の高い西郷、斉彬にも篤姫にも寄り添う人物造型。
それがやがて足かせになり、幕末の動乱でいかに動き、いかに西南戦争に?
ちなみに、篤姫が西郷に「逃げよう」と言ったのは、別にスイーツじゃない。
自分の過酷な運命を知って動揺した篤姫の、西郷への信頼はあったでしょうが。
淡い恋心があったにしても、それが第一の場面ではない。
大地震という災害とともに、篤姫は覚悟を決めた、国の未来のために。

Tag:未分類 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索