宮原4位、坂本6位入賞

平昌五輪、女子シングルを制したのは、15歳のアリーナ・ザギトワ。
15歳の五輪女王は、長野五輪のタラ・リピンスキー以来。
銀メダルには、同じOAR、同門のエフゲニア・メドベデワが入り、
何とFSは同じ156.65点、SPの点差がメダルの色を変えたことになります。
アリーナ・ザギトワは、得点が1.1倍になる後半にジャンプを固める構成。
賛否両論の構成とはいえ、ルール上は問題なく、これをこなせることがすごい。
もし、同じジャンプでも前半にいくつか跳んでいたら、結果はちがった。
「ドン・キホーテ」という、わかりやすい曲調を選び、表現力をカバーしていました。
一方で、エフゲニア・メドベデワは、怪我の影響か、ジャンプが重そうだった。
後半に予定していた連続ジャンプを前半に移さなければ、僅差で勝っていたかも。
終わった後の涙を見ても、相当の重圧を抱えていたと思います。
太田由希奈さんの名言、「銀盤の女王って、やっぱり『銀』なのかな」を思い出す。

 女子シングル結果
  01、アリーナ・ザギトワ(個人資格/ロシア)…239.57
  02、エフゲニア・メドベデワ(個人資格/ロシア)…238.26
  03、ケイトリン・オズモンド(カナダ)…231.02
  04、宮原知子(日本)…222.38
  05、カロリーナ・コストナー(イタリア)…212.44
  06、坂本花織(日本)…209.71
  07、チェ・ダビン(韓国)…199.26
  08、マリア・ソツコワ(個人資格/ロシア)…198.10
  09、ブラディー・テネル(アメリカ)…192.35
  10、長洲未来(アメリカ)…186.54
  11、カレン・チェン(アメリカ)…185.65
  12、エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)…177.12
  13、キム・ハヌル(韓国)…175.71
  14、ニコル・ライチョバ(スロバキア)…175.19
  15、ガブリエル・デールマン(カナダ)…172.46
  16、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)…171.88
  17、カイラニ・クレイン(オーストラリア)…168.61
  18、ニコル・ショット(ドイツ)…168.46
  19、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)…159.92
  20、エミー・ペルトネン(フィンランド)…157.14
  21、アレクシア・パガニーニ(スイス)…156.26
  22、李香凝(中国)…154.43
  23、イベット・トース(ハンガリー)…150.43
  24、イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)…144.18

宮原知子のメダルは、SP3位のケイトリン・オズモンドの出来によるだろう、
と思っていましたが、ミスを最小限にとどめた、ダイナミックでクリーンな演技。
宮原知子は4位、対照的に繊細な表現力な持ち味だと感じます。
坂本花織が6位、今季の勢いそのままに、緊張感の中でも頑張りました。
両者とも、今できることをしっかり出し切った順位なので、後悔はないと思います。
特筆すべきは、4度目の五輪となる31歳、カロリーナ・コストナーの5位という結果。
技術や体力、モチベーションを維持し続けるのは、至難の業。
ひたすらに順位を追い求めるのではなく、とてもいい心持ちのように見えます。
どの競技もそうですが、メダルに手が届かなかった選手、
この大舞台に立てなかった選手の気持ちまで含めて、五輪のドラマです。
そして、4年後の五輪を夢見る、若い選手たちもいます。

Tag:フィギュアスケート 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索