「横溝正史、幻の長編小説『雪割草』見つかる」

そういえば、昨年の大きな文芸ニュースとして世紀の大発見がありました。
あの横溝正史の「幻の小説」が見つかり、金田一耕助の原型も登場するとか。

 横溝正史、幻の長編小説「雪割草」見つかる
 …金田一耕助の“モデル”も登場

 「八つ墓村」などの推理小説で知られる作家、
 横溝正史(1902~81年)が戦時中に新聞連載し、長らく存在が忘れられていた
 長編家庭小説「雪割草」が見つかったことが21日、分かった。
 横溝の草稿などを所蔵する二松学舎大(東京都千代田区)が発表した。
 後の「犬神家の一族」などで活躍する名探偵、
 金田一耕助の原型とされる人物が登場するなど、
 横溝文学をたどる上で重要な作品と研究者は評価している。

 もじゃもじゃの髪、よれよれの袴

 「雪割草」は、新潟毎日新聞(連載中の他紙との統合で
 新潟日日新聞に紙名変更)に昭和16年6月から12月末まで掲載され、
 400字詰原稿用紙で800枚ほどの分量。
 全集や単行本には収録されておらず、戦後は長く忘れられた作品となっていた。
 横溝作品としては唯一の家庭小説で、長野県の諏訪地方を主な舞台に、
 出生の秘密を抱えたヒロイン、有為子が苦労を重ねながら
 妻、母として成長していくのが物語の筋となる。
 主人公の夫として登場する日本画家の賀川仁吾は、
 くずれた帽子やもじゃもじゃの髪、よれよれの袴といった風貌や、
 興奮すると言葉に詰まるくせなど、後の金田一耕助と共通する部分が多い。
 また戦時下で家族を抱え、創作が思うようにいかず苦悩する点など、
 当時の横溝自身を投影した面もみられる。

  「異色作、核心に関わる作品」

 10年ほど前に世田谷文学館や二松学舎大が所蔵する
 横溝の膨大な遺稿類の中から同作品の草稿の一部が発見されたことで、
 作品の存在が浮上。
 調査を進める中で筆跡やタイトルなどから
 おおよその執筆時期や掲載媒体が推測され、
 平成25年に山口直孝・二松学舎大教授が
 国立国会図書館などのマイクロフィルム資料で全編を確認した。
 山口教授は「横溝の異色作であり、賀川を通じて
 横溝の創作への考え方や執筆を支える家族への感謝が語られるなど、
 横溝文芸の核心に関わる重要な作品だ」と位置づけている。
 「雪割草」は戎光祥出版から来年2月に刊行される予定だ。
 (2017年12月21日「産経ニュース」電子版)

金田一耕助の面影は、ヒロイン・有為子の夫である日本画家の賀川仁吾。
その人物造型に、戦時下の横溝正史自身の投影も見られるとは。
また、「横溝作品としては唯一の家庭小説」である。
これは、横溝正史ファンにとっては、衝撃の発見だったはず。
10年前に草稿の一部が見つかって、2013年にマイクロフィルムで全編を発見。
それが、横溝正史『雪割草』(戎光祥出版)として、2018年3月7日刊行。
ここまでの調査の経緯にも、頭の下がる思いです。
(2013年の段階で、マイクロフィルム発見は発表されていたのでしょうか?)

余談
「わろてんか」、今になって、てんと藤吉の駆け落ちの罪が息子の身に。
てんが家を押し付けた格好の妹、りんの物語ももう少し描いておけばよかった。
北村を継がずに家を捨てる息子は、てんと藤吉そのもの。
「てんにとっては、隼也の幸せを一番に考えてのことやったと思います」
ブーメランより、てんにとって、藤吉との約束を果たせなかったことが重要かな。
(つばき、あんな書置きを残して姿を消したら、結果はわかっていたような。)
マーチンショウに続き、創立25周年パーティーも描かれず。
伊能も風太もてんのためにと尽くすのに、結局、てんは幽霊でも藤吉。
それは、てんの孤独なのかもしれないけれど、そういうふうには描かない?

Tag:本 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索