「井伏鱒二、幻の短編小説 上海の雑誌に戦時中掲載」

さて、戦時下の文芸が闇に消え、また発見されているのは、こちらも同じ。
しかも、日本の新聞や雑誌ではなく、上海の雑誌に掲載されていたということで、
このような新発見は、探せばまだまだあるかもしれません。

 井伏鱒二、幻の短編小説 上海の雑誌に戦時中掲載

 小説「山椒魚」や「黒い雨」で知られる作家井伏鱒二(1898~1993年)が
 第2次世界大戦の疎開中に執筆した短編小説が、
 戦時下の中国・上海で発行されていた
 日本語の総合雑誌「大陸」の1944年12月号に掲載されていたことが分かった。
 全集や単行本に未収録の「幻の小説」で、
 その存在は研究者にも知られていなかった。
 国際日本文化研究センター(京都市西京区)の海外共同研究員で、
 北京外国語大教授の秦剛(しんごう)さん(日本近代文学)が昨夏、
 北京の中国国家図書館で見つけた。
 「饒舌老人と語る」と題された約8千字の短編で、
 動物園に犬とオオカミの混血である「狼犬」を見に行った「私」が、
 そこで出会った老人から不遇な身の上話を聞くというリアリズム小説。
 秦教授は「死のイメージに満ちた多層的な構造の作品で、
 弔いのモチーフは『黒い雨』にも通じる。
 さらなる考察や再評価が期待される」と話している。
 秦教授によると、雑誌「大陸」自体が忘れられた存在だった。
 上海で日本語新聞を発行していた大陸新報社によって
 1944年11月に創刊されたが、
 敗戦後は日本語雑誌を持ち帰ることが許されなかったため、
 日本の図書館に所蔵はなく、古書としてもほとんど流通していないという。
 中国でも戦後、日本語書籍の多くは処分され、
 「大陸」の原本が確認されたのは初めてという。
 北京で発見されたのは創刊号から45年5月号までの
 5冊分の合本(3、4月号は欠番)。
 各号の表紙には「日本大使館調査室資料之印」が押されていた。
 軍事評論や戦局展望などが大きな比重を占め、「国策雑誌」の性格が色濃い。
 一方、井伏のほかに武田泰淳や佐藤春夫、
 壺井栄ら20人以上の文学者の小説や随筆、短歌が掲載されており、
 戦時下の文学者の思想研究としても貴重な材料になりそうだ。
 今年3月中旬発売の雑誌「早稲田文学」で
 「大陸」の概要や創刊号の目次が紹介され、
 4月に発行する特集号で井伏作品の再録や秦教授の論文を掲載する予定。
 (2018年2月7日「京都新聞」電子版)

そうか、掲載されていた雑誌「大陸」そのものが、「忘れられていた」存在。
日本の敗戦後、処分されてしまった、同じような雑誌などがほかにもありそうな。
「大陸」は「5冊分の合本(3、4月号は欠番)」が見つかった、とあり、
この井伏鱒二の作品以外にも発見がありそうで、貴重な資料になると思います。

余談
「西郷どん」、江戸で再会したふきは、徳川慶喜の妾・およしになるのか。
原作(未読)にはないキャラクター、と言っていたかな。
新門辰五郎の養女扱いに? 江戸を守るときにつながるのだろうか。
京都の新門辰五郎の邸を買って住んだのが、山本覚馬。
坂本龍馬役は未発表、花アンからなら窪田正孝さんしかいないような。

Tag:本 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索