FC2ブログ

「川端の短編 90年ぶり復活」

電子の波に乗っていたら、こんな記事に出会いました。

 川端の短編 90年ぶり復活 「新潮」4月号に掲載

 作家の川端康成(1899~1972年)が大正時代、本紙の前身「都新聞」に発表し、
 その後単行本や全集に収録されなかった短編小説と随筆が、
 専門家の調査で確認された。
 7日発売の文芸誌「新潮」4月号に掲載される。
 短編は「名月の病」の題名で、原稿用紙三枚ほど。
 「伊豆の踊子」を発表した
 一九二六(大正十五)年の十月三日付の一面に掲載された。
 妻と温泉宿を訪れた男が、
 湯に映った満月を食べて命を落とす少女を語る幻想的な作品。
 長期滞在していた伊豆・湯ケ島(静岡県)が舞台とみられる。
 川端康成学会常任理事で、
 和洋九段女子中高(東京都)の深澤晴美教諭が今年一月、
 国会図書館で確認した。
 「川端は湯ケ島の月が印象深かったと語っている。
 その後の作品で繰り返し描かれる月が登場しており興味深い」と解説する。
 深澤教諭は、二四(大正十三)年一月三十、三十一日付に
 掲載された随筆「妻競(つまくらべ)」も確認。
 おとぎ話「鉢かづき」の少女と新進作家としての自分を重ねて書いている。
 深澤教諭は「両作とも初期の川端を知る上で重要な作品では」とする。
 「新潮」四月号にはこの他、
 作家の坂口安吾(一九〇六~五五年)が四六年十一月、
 朝日新聞大阪版に発表した後、
 単行本や全集に収録されなかった短編小説「復員」も掲載される。
 (2018年3月7日「東京新聞」電子版)

川端康成の「名月の病」は、「伊豆の踊子」と同年の発表なのだとか。
同じ発見は、別の記事では、内容がもう少し詳しくなっています。

 川端・安吾に「幻の小説」 新聞掲載後、本にならず

 作家の川端康成(1899~1972)や坂口安吾(1906~55)が新聞紙上に発表し、
 その後単行本や全集に収録されていなかった小説が、
 専門家の調査で相次いで発掘された。
 一度は世に出ながら読むことが難しくなっていた、いわば「幻の作品」。
 7日発売の文芸誌「新潮」に掲載される。
 川端の小説は「名月の病」という原稿用紙3枚ほどの短編。
 初期の代表作「伊豆の踊子」発表と同年の26年、
 日刊紙「都新聞」に掲載された。
 男が妻とともに訪れた温泉宿で、
 女中の少女が湯の水面に映った月を食べ、命を落とす。
 中国の故事を採り入れた内容とみられ、幻想的な美しさと妖しさが印象的だ。
 この2年前に同紙に書いた随筆「妻競」も、あわせて確認された。
 当時の紙面を調査して作品を確認した
 川端康成学会常任理事の深澤晴美・和洋九段女子中高教諭は
 「どちらも古今東西の文学をしっかりかみ砕いた上で、積極的に取り入れている。
 初期の作品だが、文章はやはり川端のもの。埋もれさせておくには惜しい」と話す。
 安吾の小説は「復員」という題の、原稿用紙1枚ほどのごく短い作品。
 終戦間もない46年、朝日新聞大阪版に掲載されたが、
 単行本や全集には収録されなかった。
 大阪大学大学院文学研究科の斎藤理生准教授(日本近代文学)が、
 当時の朝日新聞の「けし粒小説」という短編小説欄を調べて確認した。
 戦地から帰った元日本兵が、
 出征前に将来を言い交わした女性が既に結婚していて子もいると知り、
 けれどその事実からむしろ救いを見いだす話。
 斎藤准教授は「誰もが社会の変化に注目している終戦直後に、
 むしろ人間の変わらない部分を見据えている。
 『堕落論』にも通じる安吾の思想が読み取れる」と話す。
 横溝正史が1640年代に「新潟毎日新聞」などに連載した小説が
 昨年の暮れに確認されるなど、新聞に発表されたまま
 本にならずに埋もれた作品の発掘が、このところ続いている。
 斎藤准教授は「新聞はその日に消費する感覚があるため、
 雑誌などより後世に残りにくい。
 (作品の発掘が続くのは)ネットなどの発達で、
 かつてより調査がしやすくなったせいもあるのでは」と話している。
 (2018年3月6日「朝日新聞」電子版)

こちらの記事によると、「名月の病」は、中国の故事を下敷きにしているようです。
確かに「その日に消費する感覚がある」新聞、幻の作品はまだあるのでは?

余談
「半分、青い。」、鈴愛がマグマ大使を知っているのは父親の影響。
律がまだ使ったことのない、明るい青色のクレヨン。
川に落ち、おんぶされるのは、鈴愛ではなく律の方だった。
ほんわかしていながら、底知れぬ恐さをもつ和子さんの指導がいいなあ。
子どもたちの関係性も、将来につながるのかな、面白い。
仙吉に忍び寄る老い、禁煙を応援したカエルは死んだ妻の廉子?
鈴愛は、花子に劣らず、想像の翼をもっている。
(昨日のブッチャーの母と姉の「ごきげんよう」もあり、意識している?)
おお、糸電話は、鈴愛が生まれる前から。
生まれるか半々、これも半分。

Tag:本 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索