「智恵子抄の続編『ものにならない』」

高村光太郎は、昭和31(1956)年4月2日、自宅アトリエで肺結核のために死去。
先ごろ、高村光太郎の書簡が見つかった、という報道がありました。

 智恵子抄の続編「ものにならない」 高村光太郎の未公表書簡公開へ

 詩人で彫刻家の高村光太郎(1883~1956)の全集に収録されていない
 未公表書簡34通が、11日から秋田県小坂町の博物館で無料公開される。
 代表作の詩集「智恵子抄」を出版した
 龍星閣(東京都千代田区)の編集者に宛てたもので、智恵子抄の続編について
 「ものにならないと思います」と記したはがきが含まれている。
 34通は1942年から55年に書かれたもので、はがき32通、封書2通。
 いずれも小坂町出身で龍星閣の元社長の澤田伊四郎氏宛て。
 昨年5月、澤田氏が残した書簡や書籍が遺族から町に寄贈され、
 その中に高村からの書簡が全集収録分も含め約70通あった。
 高村は41年に、愛妻を題材にした「智恵子抄」を出版。
 戦後、続編の「智恵子抄その後」も出版された。
 書簡を読んだ高村の研究者小山弘明さん(53)=千葉県香取市=は
 「(高村の書簡が)一挙に70通も出てくるのは珍しく、
 『智恵子抄その後』の出版に乗り気でなかったことが裏付けられた。
 澤田氏の物資援助へのお礼など、高村の律義な性格や、
 作家と編集者との濃密な人間関係も伝わってくる」と話す。
 (2018年3月6日「朝日新聞」電子版)

そういえば、高村光太郎は「智恵子抄」があまりに有名なので、
詩人として知られ、彫刻家、画家としての印象が稀薄なように思われます。
長谷川博己さんが以前、高村光太郎を演じてみたい、とおっしゃっていましたが、
それが実現したならば、う~ん、智恵子はどなたが似合うでしょう?

余談
始まった「半分、青い。」、舞台が岐阜なのに巨人戦を見る食堂に疑問、
というツイートも見かけましたが、巨人というよりは「長嶋」の時代でしょう?
東京制作の朝ドラは、「まれ」「ひよっこ」、本作、「夏空ーなつぞら」と、
モデルを設定しない、オリジナル脚本で挑んでいる点を評価したいところ。
「わろてんか」、ヒロインの演説で終わることが多い朝ドラで、
それを、青空寄席の形で表して、新喜劇につながるように描いたのはよかった。
もっとも近くでずっと支えているのに、藤吉にも伊能にもなれない風太。
つらいときこそ笑顔で、というのは、ほかの朝ドラでもわりと言われることで、
商売として笑いを見せる、笑わせることは、それとまた異なるはず。
笑いを商売に、それが戦争とどう関わるのか、も問題だった。
兵士慰問をすることで、てんが勲章をもらったり、芸人が認められたりの皮肉。
何かもっと描けることがあったのかな、とは思う。

Tag:本 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索