FC2ブログ

敬二=徳冨蘆花の知らない壽代=久栄

徳冨蘆花「黒い眼と茶色の目」、敬二=徳冨蘆花が恐れていたことが起きます。

 春期試験も濟んで、三月の末から四月にかけて彼此二週間の春休になつた。
 敬二はしばしば荒神口に往つた。
 女學校も春休になつたので、壽代さんも來て居ることが多かつた。
 次平さんと壽代さんの間は、目に立つて近づいた。
 能勢家に往く度に、
 敬二は囘(くわい)は一囘より接近する次平さんと壽代さんを見た。
 敬二は、次平さんと話す毎に、次平さんが壽代さんの周圍について
 敬二の知らぬ事を知つて居るに驚かされた。
 佳人才子の邂逅する事ありとかや、と書いて見せたら、
 壽代さんは邂逅といふ字が分からなかつた、
 などと次平さんは敬二に話した。
 敬二が一年かゝつて壽代さんに近づいたよりも、
 次平さんは一月の間にヨリ近づいた様に見えた。
 敬二は手の中の珠の見す見す掌を漏るのを覺えたが、
 彼は奈何(いかん)とも爲し得なかつた。
 次平さんは調子に乗つてますます無遠慮に振舞ふた。
 (『徳冨蘆花集 第11巻』日本図書センター、1999年)

従兄弟の松崎次平=竹崎土平というのは、問題児かもしれませんが、
能勢家=横井(伊勢)家を支配しているかのような、おくら=窪田うらに取り入り、
「子分」のように振る舞えるほど、人懐っこい人のようです。
次平=土平は壽代=久栄とも、すぐに打ち解けてしまったらしい。
「邂逅」という漢字を知らない壽代=久栄の造型は、なるほど……という感じ。
敬二=徳冨蘆花の1年、次平=土平の1ヵ月のスピード。
敬二=徳冨蘆花の焦りと次平=土平の無遠慮が、とても対比的です。

余談
新しい連続ドラマが始まると、何だかんだとけなす記事が出るのは何?

Tag:山本久栄 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索