FC2ブログ

壽代=久栄の「戀着」

徳冨蘆花「黒い眼と茶色の目」、能勢家=横井(伊勢)家を訪ねないまま、
春休みが終わろうとするころ、次平=土平が寮に迎えに来ました。
叔母さん=横井津世子が呼んでいる、と言われ、敬二=徳冨蘆花を誘います。

 春休も最早あと二日になつた日、いつもの茶の千筋の糸入縞の袷に
 低く臍の下に小倉の角帯をしめた次平さんが、
 片貝君の室に寢ころむで居た敬二を上顎から鼻にぬける聲で呼び出し、
 叔母さんが呼ぶと云つて、すゝまぬ敬二を連れ出した。
 敬二は默つて歩いた。
 御所の東北の角、練塀の屋根下の梁に左甚五郎の作と傳へらるゝ
 日吉の猿が烏帽子をかぶつて御幣を擔(かつ)いだ其猿が辻の邊に來ると、
 次平さんは、突然くンと一つ鼻を鳴らして、
 『壽代はあゝたに戀着しとる』
 と云ふた。
 敬二は顏色の變るを覺えた。
 『馬鹿な』
 と事も無げに云ひ切つた。
 (『徳冨蘆花集 第11巻』日本図書センター、1999年)
 
青天の霹靂、壽代=久栄は他ならぬ次平=土平に奪われたと思っていたのに。
その次平=土平が、思いがけないことを言ったのです。
壽代=久栄が自分に「戀着」している、と聞けば、顔色も変わります。
次平=土平が「くンと一つ鼻を鳴らし」たのは、がっかりしているにちがいない。
悲嘆に暮れ、能勢家=横井(伊勢)家にも足を運ばずに、
寮に籠もっていた敬二=徳冨蘆花でしたが、いったいどういうことなのか。

余談
朝ドラには、珈琲、カレー、与謝野晶子『みだれ髪』がよく出てくる。
新しい文化を受け入れる、新しい生き方を求めるときの、入り口なのだと思う。
第100作目「なつぞら」のキャスト発表、23年ぶりの松嶋菜々子さんが嬉しい。
松嶋菜々子さん、小林綾子さんという、過去のヒロインの出演は贅沢。
(菜々子さんは、そろそろ母親役で出そうと予想していました。)
そのころには、朝ドラの歴史を振り返る特番とかありそう。

Tag:山本久栄 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索