『おちくぼ』(5)

さて、山内直美『おちくぼ』第5巻(白泉社、2018年)を読了しました。
継母の策略によって、典薬助が落窪の姫君の部屋に。
何とか難を逃れたものの、少将に相談しようにも惟成が到着しない。
それにしても、少将の愛情を得て、落窪の姫君は強くなった(嘘もうまく)。
あこきの機転で、典薬助の後朝の文のふりをして、少将の手紙を受け取った。
前日の落窪の姫君の手紙が届く前に書かれた、少将の手紙。
そして、翌日の加茂の臨時の祭りに、婿君となる予定の蔵人の少将が舞うため、
家族で見物に出かけることになり、邸内は慌ただしくなってくる。
油断したのか、落窪の姫君の部屋の見張りもいなくなる。
部屋の内と外で、今夜こそ典薬助を部屋に入れまいと策を練るものの……。
いい衣装を着ようとして薄着だった典薬助は、お腹を壊して退散。

 わたくしも一生懸命 中から扉をおさえていたけれど とても不安だったの

少将が明日はきっと救い出してくれる、と励ますあこき。
いつも自分に自信がなく、消極的だった落窪の姫君が自分の身を守るように。
祭りの当日、中納言一家が出発したのを見計らって、少将と惟成らがやってくる。
その手際のよさに、あこきは、少将や惟成を見直す。
中に荷物を積んで閉ざした扉を外から破って、少将が落窪の姫君の前に!
見事に救出された落窪の姫君は、少将の二条の邸に。

 あの男の身分がよしんば高くても
 落窪のような後見のない娘に本気になるものか
 いずれは捨てられ 野垂れ死ぬのがせいぜいだろうに!

恐ろしい継母の悔しさはさぞ……、後見のない女を愛するのがヒーローなのだ。
落窪の姫君の相手の素性を知らぬ継母は、四の君と少将の縁談を進める。
それを機に継母に復讐をしたいと思案する少将は、従兄弟の基教を利用する。
縁談を断りに行ってほしいと頼まれた基教は、四の君の部屋に通され?
無事に二条の邸に引き取られ、得意の縫い物や高い趣味を発揮し、
少将の北の方として采配をふるう落窪の姫君は、幸せそう。
まさにシンデレラ・ストーリー、しかし、継母に対する復讐はこれからです。

Tag:少女漫画 

四季の花時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
プロフィール

もも

Author:もも

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索